無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1月7日は無病息災を願って…炊飯器でできる!簡単七草粥のレシピ

レシピ

春の七草とは?

芹(せり)・薺(なずな)・御形ごぎょう・繁縷(はこべら)・仏座(ほとけのざ)・菘(すずな)(カブ)・蘿蔔(すずしろ)(ダイコン)の7種類の若菜を指します。最近は、スーパーでも春の七草がパックになって売られているので、便利ですね!

七草粥のレシピ

今回は、炊飯器を使ってお手軽に作る七草粥をご紹介します。春の七草の中に入ってるすずな(カブ)・すずしろ(ダイコン)は、刻んでお米と一緒に炊き込むと美味しくなります。

材料(1合分)

米 1合
水 600ml
春の七草 1パック
塩 2つまみ
柚子の皮(千切り) 少々

作り方

① お米を研いで炊飯器に入れて水を注ぎ、さいの目切りにしたすずな(カブ)・すずしろ(ダイコン)を加えて炊きます。※炊飯器にお粥の機能がある場合は、そちらを使用して下さいね。

② お粥を炊いている間に、春の七草の葉の部分をさっと塩茹でして水に晒し、水気を切って刻んでおき、炊き上がったお粥に塩と一緒に加えて、混ぜ合わせます。

③ お茶碗によそい、柚子の皮を乗せたら、出来上がりです!

柚子の爽やかな香りが、食欲を促進するだけでなく、リフレッシュ効果やリラックス効果もありますので、七草粥の薬味として、是非取り入れてみて下さいね♪

七草粥を頂く時は、甘味噌だれをかけると、より美味しく頂けます!

鰹風味の甘味噌だれのレシピ

鰹の風味と甘いお味噌のコクが、あっさりした七草粥にとても良く合います。

作り方はとっても簡単!調味料を煮詰めて、仕上げに鰹節を加えるだけです。七草粥を炊いてる間に用意しておいて、出来立ての七草粥にかけて下さいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ