無料の会員登録をすると
お気に入りができます

正しいチークの入れ方できてる?骨格別ベストなチークの入れ方をマスターして美人顔に♡

何となくチークを頬に入れている、自分に合っているチークの入れ方が分からない。そういったことはありませんか?アイメイクやリップのように主張しすぎてしまうと、やり過ぎ感がでてしまいますが、使い方次第で美人顔になれる優秀アイテムのチーク。自分に合った入れ方を知ってメイクを楽しんでみませんか?

メイク

面長さんは大人っぽい印象の方が多いので、横広に入れる事で可愛さをプラスする効果もあります。

ベース顔さん美人チーク

頬の高い位置からこめかみに向かって楕円形にふんわりとチークを入れます。

エラ張りが気になる方は、エラにもチークを入れる事で優しい印象になります。

どのチークを選べば良い?

パウダーチーク

使い手を選ばない、万能チークと言えばパウダーチーク。

ブラシを使いふんわりとのせる事ができ、ファンデーションにもなじみやすい万能チークです。

クリームチーク

肌への密着度がとても良いクリームチーク。

鮮やかな発色なのも特徴です。

付け過ぎないよう指で少量ずつ、トントンと軽く叩くようにしてのせていきます。

クリームチークの後にフェイスパウダーを乗せる事で、ムラが出にくくなります。

リキッドチーク

とても血色感が出やすいリキッドチーク。

透明感あるみずみずしい肌を演出できます。

クリームチーク同様、後からフェイスパウダーを乗せる事で綺麗に仕上がります。

マルチチーク

いくつかのカラーが1つのパレットになっているチーク。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ