無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その話し方、相手をイラっとさせているかも?注意したほうがいい話し方3つ

ライフスタイル

無意識にしている話し方が、相手をイラッとさせているかもしれません。今回は「なんだその話し方…」と感じた経験を、fumumu取材班が聞いてきました。

自分に重なる部分がないか、振り返ってみるのもおすすめですよ。

①語尾を伸ばしすぎる

「あまりにも語尾を伸ばす話し方をされると、馬鹿にしてるのか? と感じてしまいます。職場の後輩が、仕事のやる気がないのかと感じるような話し方で、注意してもなかなか直らないんですよね。
仕事でミスをしても、『そうなんですか〜気がつかなかったですごめんなさい〜〜』という感じで…。せめて語尾を伸ばさないようにするだけで、反省も伝わってくるかもしれないのに。本人にとっても、いいことはないんじゃないかと思います」(20代・男性)

関連記事:もう我慢できない! 男子が許せない「彼女の話し方」

もう我慢できない! 男子が許せない「彼女の話し方」

②結論がわからない

「結局なにが言いたいの? と思ってしまう話し方は、イラっとします。プライベートならまだ流せるかもしれないけど、職場でその話し方をされるのは勘弁してほしいですね。
それぞれの仕事を抱えている状態で、『これがこうで、ああで、それで…』と終わりの見えない話をされるのは苦痛です。話しながらわからなくなってしまうなら、伝えることをメモにまとめてから来てほしいです」(20代・女性)

③なんでも否定から入る

「こちらが話すたびに否定されると、話す気がなくなってしまいます。『そうじゃなくて』『いやいやちょっと違う』のように、否定から会話に入る人って意外と多いので…。
きっと、本人は無意識なんだと思います。否定することで、相手より上に立ちたいタイプなのかな〜と思いますね。あまり関わりたくない、面倒なタイプです」(20代・女性)

自分の話し方の癖を、自分で見つけるのは大変ですよね。近しい人に、自分の話し方のクセを聞いてみるのもよさそうです。

(文/fumumu編集部・くまのなな)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ