無料の会員登録をすると
お気に入りができます

悩める奥二重さん必見♡メイクの達人がたどり着いた奥二重アイメイクのコツ5つ

メイク

二重でもなければ一重でもない微妙な立ち位置、奥二重。今回は生粋の奥二重である筆者が、何かと悩みの多い奥二重アイメイクのコツ5箇条をまとめてみました。

今回使用するコスメはこちら!

(上から)
メイベリン ラッシュニスタN01ブラック/¥1,200
シュウウエムラ ラスティングソフトジェルペンシルNMダークブラウン/¥2,800
キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ19/¥780

アイシャドウの塗り始めは目尻から

シャドウグラデーションが見えにくい奥二重さんは、アイシャドウを目尻から塗り始めるよう意識してみてください。

目尻を一番濃い色にすることで縦のグラデーションが作りやすくなります。目尻から目頭に向かってふんわりぼかしましょう。

下まぶたは上まぶたの締め色と同色を目尻から1/4程度に。ふんわりとくの字で囲みましょう。囲むことで目元の印象が引き締まります。

アイラインは「引く」のではなく「埋める」

目を大きく見せるために欠かせないアイライン。まつ毛の上にラインを引いてしまうとまぶたが覆いかぶさってラインが見えないだけでなく、まつ毛の隙間が強調されてしまい寂しげな印象になりがちです。

ブラウンのペンシルアイライナーでまつげのキワを埋めると自然な目力が生まれます。線を描くのではなく、点で埋めていくイメージをしましょう。

鏡を目線の下に置き、まつ毛の下から描くことで綺麗に隙間を埋めることができます。

まつ毛はカールも太さもほどほどに

くるんとカールしたまつ毛は女子の憧れ。しかし奥二重さんが張り切ってまつ毛を上げてしまうと、まつ毛の根元が見えないせいで不自然な仕上がりになりがち。なだらかにカーブするよう、何回かに分けて丁寧にビューラーを使ってみてください。

あえてビューラーを使わない、という選択もアリ。肩の力が抜けたまつ毛は色気のある艶っぽい印象になります。ロングタイプのマスカラを使ってナチュラルまつ毛を目指しましょう。

うるうる涙袋メイクで縦幅アップ!

(左から)
イニスフリー マイアイシャドウグリッター14/¥650
マジョリカマジョルカ シャドーカスタマイズBE330/¥500

まつ毛が盛れないならどうやって目を大きくするの?と感じた方、まつ毛に注ぎきれなかった情熱は涙袋メイクにぶつけましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ