無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大人はプチプラに「ミドプラ」をミックス♡ミドルプライスのススメ

プチプラとハイブランドの間の「ミドルプライス」略して「ミドプラ」を提案します。中間価格のアイテムを使って上手にコーデしてみてはいかがですか?

2016年12月
ファッション

「プチプラ」と「ミドプラ」のミックス♡

zozo.jp

「プチプラ」や「ハイブランド」という言葉はありますが、その間の価格の言葉ってないですよね?でも、意外と中間の価格帯のお洋服は大切な役割をします。「ミドルプライス」を略して「ミドプラ」をご提案します!

ミドプラって何?

zozo.jp

ハイブランドでもない、プチプラでもない、約8,000円から10,000円台までの中間の価格帯のこと。「ミドプラ」を入れるとコーデが締まります。全身アイテムの中で1つか2つ入れるのがオススメ。

「ミドプラ」のススメ

プチプラだけでは安っぽくなるし、ハイブランドだけでも何だか近寄りがたいイメージになりがちですよね。実は中間的プライスの「ミドプラ」がおしゃれには重要な位置を占めます。

zozo.jp

国内には優秀なミドプラブランドがたくさん存在します。プチプラコーデがイマイチ決まらない方や、個性を発揮したい方にもオススメです。

20代後半・30代にオススメ

zozo.jp

20代ならプチプラだけでも素敵に見えますが、大人女子の場合、安っぽく見えてしまう危険性も。20代後半~30代前半にはミドルプライスを投入するとぐっとコーデに奥行きが出て、逆に素敵に見えます。

また、20代の中頃の方は大人っぽくしたい時に、ぜひ活用してみてはいかが?

「ミドプラ」のオススメブランド

Andemiu(アンデミュウ)

zozo.jp

大人のリアルライフをコンセプトにした通勤着にもぴったりなブランドで、カジュアルとフェミニンの要素がほどよく、使い回しのきくリアルクローズです。オススメはトップスとスカート。

Andemiuの商品をもっと見る♡

Ungrid(アングリッド)

zozo.jp

新しい品格のある(格上の)カジュアルを目指してるUngrid(アングリッド)。着心地がよく、自由なイメージでありながら、プチプラではなかなか出せない品のよさがあります。

全体のバランスを女性らしく美しく仕上げられるので、「ミドプラ」枠の新たな注目株です。パンツとトップスがオススメです。

Ungridの商品をもっと見る♡

clane(クラネ)

zozo.jp

「オリジナル スタンダード」を提案していくブランドです。30代以上に向けて作っていますが、20代でも特別な1枚が見つかりそう。ニットやアウターに上質感があり長く愛用できそうです。

claneの商品をもっと見る♡

ANGLOBAL SHOP

zozo.jp

自立した大人の女性に向けて、長く愛される普遍的なスタイルを提案しているブランドです。ベーシックを押さえたデザインはまさに王道。シルエット、生地に少しこだわりたい時にオススメです。

ANGLOBAL SHOPの商品をもっと見る♡

MURUA(ムルーア)

zozo.jp

ジーンズに似合うエレガンス&モダンなスタイルで、抜け感が素敵なブランド♡手持ちのアイテムをミックスするのにちょうどいいブランドです。特にアウターは一見の価値あり。

MURUAの商品をもっと見る♡

RIM.ARK(リムアーク)

zozo.jp

モードなリラックスさがあり、ワイドボトムやハリ感ある素材が多いリムアーク。ゆるっと大人っぽいアイテムをリアルプライスで展開してます。まさにミドプラコーデができるブランドです。

RIM.ARKをもっと見る

ミドプラにするとこんないいこと♡

「ミドプラ」トップス

zozo.jp

落ち感がきれいであればあるほど品のよさが出るトップス。ボトムをプチプラにしたら、トップスは「ミドプラ」をチョイス!また、カラートップスに挑戦したい時はミドプラから選んで個性を発揮しましょう。

「ミドプラ」ボトム

zozo.jp

プチプラボトムでは体型に合わない時に活躍します。特に腰ハリさんやヒップのある人、足の太さが気になる人はプチプラから探さずミドプラ狙いが◎。

ラインやハリ感のある生地が多くあり、着用回数が増えても膝が出ないので長く愛用することができます。

「ミドプラ」な小物

zozo.jp

プチプラコーデの時にプチプラのバッグは持つ人は多いですね。全体的に高見えコーデや価格が高めの洋服を着る時は、ミドプラのバッグを活用すると、全身キメキメになりすぎないのでオススメです。

ミドプラを活用して素敵コーデを作ろう♡

zozo.jp

いかがでしたか?ご提案した「ミドプラ」はコーデに役立ちそうですね。ミドプラブランドは他にもたくさんあります。SNSでも「#ミドプラ」で楽しんだり、活用しておしゃれの幅を広げてみてはいかが?

記事に関するお問い合わせ