無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大きな山を乗り越えたら欲しい「時計・ジュエリー・バッグ」[カルティエ・ティファニー・タサキ]

ファッション

新しい自分を勇気づけてくれるのは、流行ものなんかじゃなく、憧れブランドの色褪せない価値ある名品たち。今こそ、そんな名品が馴染む適齢期なのです。

<時計>

次の人生へと踏み出す今、その時を刻む時計は、「新しい私」の象徴。そんな記念すべきアイテムだから、10年後、もっと先もプライドが持てる価値あるものを腕に輝かせたい──。

●Cartier カルティエ

女性らしい気品あるフォルムがどこか幸せ感を醸し出す、その佇まいが多くの女性から愛されてきたカルティエの時計。40代の今だからこそ、ゴールドやダイヤを配したものを選んで大人の女性としてのプライドを──。

〈上〉ゴールドを背伸びして着けた若い頃と違い、40代の今はグッと肌に馴染むように。時計「パンテール ドゥ カルティエ」¥1,920,000〈下〉ブレスレットとケースがなめらかに一体化したフェミニンなデザインで、別名ブレスレットウォッチとも呼ばれる。時計「タンク フランセーズ」¥745,000(ともにカルティエ/カルティエ カスタマー サービスセンター)

美しいカーブを描く縦長のケース、ベゼルにちりばめられたダイヤがシャープな印象と女性らしさを両立。ボルドーのストラップがポイント。時計「タンク アメリカン」¥1,668,000リング[WG×YG×PG]¥103,000(ともにカルティエ/カルティエ カスタマー サービスセンター)ブラウス¥7,800(ミラ オーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)

タンクシリーズの原点とも言われ、何年先までも愛用できる永続的なフォルムでどんなシーンにも埋もれず、鮮やかに手首を輝かせてくれます。時計「タンク ルイ カルティエ」¥1,044,000リング[YG×DIA]¥425,000ピアス[PG]¥277,000(すべてカルティエ/カルティエ カスタマー サービスセンター)ブラウス¥18,000(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 青山店)

●Jaeger-LeCoultre ジャガー・ルクルト

1930年代、ポロの試合中の衝撃に耐えうる腕時計をという依頼に由来する反転式ケースが特徴的なジャガー・ルクルト。ケースを反転させ、ケースバックにエングレービングを施す楽しみも。ユニセックスなデザインがデイリーのどんなシーンにも馴染みます

〈右〉メンズライクな大きめの主張あるフェイスが人気。時計「レベルソ・クラシック・ミディアムスリム」[18KPG]¥1,412,000〈左〉シルバーの文字盤を裏返すとブラックフェイスに。両面ダイヤルのデュエットで異なる印象の顔に。時計「レベルソ・クラシック・スモール・デュエット」[18KPG×DIA]¥1,828,000(すべてジャガー・ルクルト)

●PATEK PHILIPPE パテック フィリップ

〝世界一〟と評される憧れブランド、パテック フィリップ。若い頃は手が届かないブランドだったけれど、2ndステージに入った今、その存在に少し近づいた気がして……。その価値にふさわしい自分へと昇華するために今こそ、手にとって。

〈右から〉パテックの代表モデルでフェイスが丸く使いやすい。パテック初心者はこちらから。時計「カラトラバ」¥2,970,000日常的に使いやすいステンレス仕様でベゼルのダイヤモンドが上質感を醸し出します。時計「TWENTY〜4 AUTOMATIC」¥2,850,000(ともにパテック フィリップ/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ