無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[素材100%活かしテク]味噌汁に味噌を入れるタイミングは? 肉料理のあとにコーヒーはNG!?

グルメ

「MAQUIA」5月号では、栄養まるごと、きちんと摂るためのテクニック&レシピをご紹介。今回は、味噌やキムチ、缶詰など、加工物の栄養を活かすコツをお届けします!

栄養まるごと、きちんと摂れていますか?

素材100%活かしテク&レシピ

教えてくれたのは…

管理栄養士 赤石定典先生 管理栄養士 濱 裕宣先生

東京慈恵会医科大学附属病院 栄養部所属。病院内の栄養食事指導に加え、本の出版など一般の食生活向上の普及に努める。

あなたはできてる? 素材活かし調理法 炭水化物・加工物編

Q 炊飯時に  ?  を加えると、ご飯のタンパク質がUP

A 酢

栄養が消化・吸収されやすくなり ふっくら美味しさも増す

米に含まれるタンパク質は炊飯すると消化しづらくなり、一部は消化・吸収されないまま体外に。炊飯時に酢を少し加えるだけで通常より最大約10倍のタンパク質が溶け出し消化しやすくなる。また、デンプンを分解するので糖も2.4倍に。お米は買って約2週間で抗酸化力は激減するので、野菜室保存し1カ月ほどで消費を。

Q 味噌汁の味噌を入れるタイミングは?

A 火を止めて10分おいてから

乳酸菌や酵母が生きられる 50度以下にすること

味噌の乳酸菌は50度以上、酵母は70度以上で死滅してしまう。火を止めただけでは80度ほどあるので、少なくとも10分以上おくこと。ちなみに、火を止めてすぐ溶かすといいと言われるのは香りを生かすため。10分以上おいて作った味噌汁にはエイジングケア、代謝アップ、美肌などさまざまな効果がある。

疲労回復などにいいといわれるグアニル酸やグルタミン酸が豊富なきのこを具に。きのこは冷凍するとアミノ酸が6倍増える。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ