無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シャープ製マスク、4月21日から一般販売開始 50枚入りで2980円

インテリア

大手電機メーカーのシャープは2020年4月21日10時(予定)から、ECサイトにて不織布マスクの販売を開始します。

5月10日までは毎日10時に在庫補充予定

シャープは日本政府の要請に応じて、2月28日に不織布マスクの生産を決定しました。その後短期間で準備を進め、3月24日に生産を開始。3月下旬から、順次出荷を開始しました。

より切実にマスクを必要とされる場所へ提供するため、まずは政府への納入が優先とされていますが、4月21日から一般販売が始まります。

マスクは、三重県多気工場のクリーンルームで製造されたものです。立体三重構造で、花粉よりもさらに小さい生体ウイルスや微粒子からもしっかりガード。VFE試験やPFE試験でも99%以上の結果を確認しているといいます。

また、鼻のラインに合わせてぴったりフィットするノーズフィッターで、マスクの隙間を減らし、メガネの曇りを抑える仕様になっています。

50枚入りで、価格は2980円(税・送料別)。「SHARP COCORO LIFE」のECサイトで販売されます。購入には、無料会員登録が必要です。なお、購入は1人1箱のみで、購入後3日間は再購入ができません。

50枚入りで約3000円という価格については、公式ツイッターで

「ちょっとお高い点もすみません。くわしいことは私も教えてもらえなかったのですが、さまざまな事情や要因を考え、この値段に決めました。私も長らくこの会社で働いているのでわかりますが、決してぼったくるための値段ではないことは、申し添えておきます」

と説明しています。

また、マスクは5月10日までは毎日10時ごろに在庫補充されます。売り切れ次第、翌日までは在庫の補充はありません。

発送は、注文翌日以降のシャープ営業日。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ