無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1人10万円の特別定額給付金、オンライン申請に「ハードルが高すぎる」と悲鳴も

ライフスタイル

(画像は総務省・特別給付金ページのスクリーンショット)

新型コロナウイルスによる影響で、1人あたり一律10万円の給付金が支給される「特別定額給付金」制度。

5月1日から一部の自治体でマイナポータルでのオンライン申請の受付を開始しているが、一部では「申請のハードルが高すぎる」といった声があがっている。

■対応機種に不満

スマートフォンの場合は『マイナポータルAP』というアプリをダウンロードする必要があるのだが、「対応機種が少ない」という声がみられた。

iOSでは「iOS 13.1以上がインストールされたiPhone 7以降のiPhone」が対応しているのだが、アンドロイドの場合はAndroid 6.0以降で該当機種が124機種。格安SIMを利用して海外のスマホを利用しているアンドロイドユーザーにとっては、仕方ないかもしれないが厳しい結果に。

SNS上では「アンドロイドにももっと対応してほしい」「iPhoneが古いやつだからできなかった」といった声があがっている。

関連記事:総務省、DV被害者には10万円直接給付 申請手続き方法を解説

総務省、DV被害者には10万円直接給付 申請手続き方法を解説

■Macユーザーからの不満も

(Prykhodov/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

また、パソコンの場合でも、Windowsだと「Microsoft Windows 8.1」「Microsoft Windows 10」が対応しているが、macOSだと「10.12 Sierra」「10.13 High Sierra」「10.14 Mojave」と、最新OSである「Catalina」が対応していない。

そのため、「macユーザーの大半がCatalinaだと思うんだけど…」といった声も。

■ICカードリーダライタが無い

(画像は総務省・特別給付金ページのスクリーンショット)

パソコンの場合はマイナンバーカードに対応したICカードリーダライタが必要なのだが、「持っていなくて困った」という人は少なくない。

確定申告をe-Tax申請で行なっている人などにとっては馴染みのあるハードウェアだが、一般的にはあまり普及していないよう。マイナポータルAPに非対応のアンドロイド端末を使用している人がパソコンから申請しようと考えたときに、ここで詰まってしまうケースもありそうだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ