無料の会員登録をすると
お気に入りができます

幼稚園や保育園の休園中、園児の子どもにテレビや動画を1日何時間くらい見せている?

子育て

新型コロナウイルスの感染予防として幼稚園や保育園も多くが休園や登園自粛になりましたね。いつまで続くのかも分からず長期間の外出自粛を求められる中、子どもの遊び方や生活リズムに変化が訪れたご家庭も多いのではないでしょうか。あるママさんは園児の子どもにYouTubeを見せる時間が長くなったと相談しています。

『幼稚園児、休園中YouTubeを何時間ぐらい見せている? うちは多分合計5~6時間は見ている……連続じゃないけど上の子が私とゲームしたがるから、相手していると下の子が暇になっちゃって見せてってうるさくて。
おままごとしたり人形遊びしたりレゴブロックをしながらで、ながら見だけれど……。上の子が勉強している間は下の子と遊ぶ時間にしたり、昼食後は庭で遊ぶようにしてはいるけれど、罪悪感がすごい。幼稚園に行っていたときは見ても2時間とかだったのに。みんなの家はどうかな? うちが見せすぎだよね……』

兄弟が多いご家庭や兄弟の年齢が離れているご家庭では必ずしも兄弟全員と同じような遊びをすることができないこともあるでしょう。ママさんがご飯作りなどの家事をしている間、子どもにかまってあげられないこともあるかもしれませんね。しかし、子どもを1人で遊ばせていると目を離したときにうっかり危険なことやしてほしくないことをすることもあります。そんなとき子どもが集中してくれるのがテレビやDVD、YouTube。幼稚園や保育園に通っていたときはあまりテレビやDVD、YouTubeなどを見なかった子どもでも、ママさんが家事をするときに子どもを集中させておく手段として活用するご家庭も多いのではないでしょうか。相談してくれたママさんは、しかたなく子どもにYouTubeを見せているけれどあまりに長時間になりすぎて罪悪感があるようです。

テレビやYouTubeなど……子どもに何時間くらい見せている?

みなさんのご家庭ではテレビやDVD、YouTubeなど1日何時間くらい子どもに見せているのでしょうか?

2~3時間ほど

『YouTube見てる! トータル2時間は見ているかも。年中になったくらいから「○○チャンネルって見てみたい!」とか幼稚園で情報を仕入れてくるようになった』
『うちは兄妹喧嘩が激しくなったらYouTubeタイムにしている。1日トータル2~3時間くらいかな』
『年中。YouTubeは2時間くらいでアプリゲーム1時間くらい。気付いたら英語の色をいくつか、10までの数を言えるようになっていた。有名な昔話とかいくつもストーリーを覚えていた。ムダばっかじゃないな、と思っている』
『うちも2~3時間見せちゃう。3歳』

ママスタBBSでは「2~3時間ほど見せている」という声が多い印象でした。ママさんが家事をしている間、少し疲れてゆっくりしたいときなどに見せているようですね。また兄弟げんかをしたら、それぞれ離れて落ち着かせるためにそれぞれが好きなYouTubeを見せているという声も。子どもの喧嘩の仲裁はなかなか大変ですが、YouTubeを見ることで距離を置けば子どもたちもYouTubeを見終わったころにはまた仲良く遊びだしてくれることも多そうです。

3~4時間ほど

『うち4歳と2歳の子がいるけれど、YouTubeは見せないけど録画しているディズニー映画とかジブリとか観まくっている。1日2本とか』
『うちは15:00過ぎたら見ていいよって約束している。多いときで3時間かな。17時から18時の間にお風呂入ることが多いからそれまでって感じ』
『私が疲れていてゆっくりしたい日は、録画とDVDを合計して3、4時間くらい見ている日もある』

「2~3時間ほど見せている」の次点には「3~4時間ほど見せている」の声。YouTubeと録画した映画を組み合わせたり、連続ではなくお昼と夕方にDVD1本ずつなど時間を分けているご家庭もありました。幼稚園や保育園に通っていない分時間が有り余ってしまっている様子がみてとれます。

5~6時間ほど

『なるべく一緒に遊ぶようにはしているけれど、やっぱり私もやらなければならないこともあるから見せてしまう。うちも年長女児だけど、5~6時間は見ているよ。今も見ているし。TikTokとかも見ているし。上の中3男子は8時間以上は見ているね』

在宅勤務をしているママさんや何か用事があるママさんは子どもに「5~6時間ほど」テレビやYouTubeを見せることもあるようです。仕事をしていても家事をしていても子どもは「ママ、見て!」「一緒に遊ぼう!」とママさんの事情なんてそっちのけでかまってもらおうとしますよね。しかし子どもとずっと遊んでいたらママさんの用事が進みません。ママさんの用事が長ければ長いほどそれに比例して子どものYouTubeタイムも長くなってしまうのでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ