無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なにげなく使わないで!宅配や郵送を利用するときに注意したいこと

新型コロナウイルスの影響で、激増した宅配利用。なにげなく利用している宅配や郵送において、利用者と宅配業者双方が気持ちよく円滑に進めるために、気にかけておきたいことをまとめました。

ライフスタイル

ネットショッピングや出前など宅配を利用するときに気を付けたいこと

ネットショッピングや出前など激増している宅配

新型コロナウイルスの影響で、需要が高まった通信販売や出前などの宅配。利用する側からすれば、外出回数を減らすことができるサービスなので、この1~2カ月で利用した人が多いのではないでしょうか。

一方で、これは以前からいわれていたことですが、配送業界は人手不足。そこに今回のコロナ禍でネットショッピングを利用する人が激増したため、配送業者の負担はさらに大きくなっています。

そのような中で利用者側も、今までとは同じ感覚ではなく、ネットショッピングや出前などの宅配を利用する際に気を付けたいことがあります。

住所はしっかり伝える

よく来てくれる配送業者の方であれば問題ありませんが、初めて出前を頼んだときなどであれば、配達してくれる人が迷わないように、マンション名をしっかり書いたり、備考欄に届け先の目印となるものを書いておくなどするといいでしょう。

再配達がないようにする

最近では少しずつ再配達をしないで済むようなシステムもできつつありますが、それでもまだまだ再配達の件数は多く、配送業者の仕事量を増やしてしまっています。

再配達にしないためには、以下のような対策が可能です。

▼配達時間を指定
ネットショッピングなど、オーダー時に時間指定ができるところもあります。例えば、クロネコヤマトではLINEやメールを登録しておくと配達予告のメッセージが来て、そこから簡単に配達時間を指定することが可能です。他の配送業者でも取り入れているところがあるので、利用するときに確認してみましょう。

▼不在でも置いていってもらうシステムの利用
大型のマンションなどにある「宅配ボックス」を利用できればいいのですが、大きさなどの問題もあり、利用できないケースもあるでしょう。

最近では、「宅配ボックス」以外にも不在時に対応できるサービスがいくつか始まっています。

例えばAmazonでは「置き配」というサービスがはじまっており、注文時に「置き配」を指定すると、不在でも玄関前など指定した場所に置き、置いた様子を画像で購入履歴から確認することができます。

また、近くの実店舗から生鮮食品も配達してくれるネットスーパーには、保冷剤をいれたボックスで置いていくというサービスをやっているところもあります。

イオンネットスーパーの一部の店舗で実施しているボックスによる「置き楽」サービス

宅配ボックスのように常時場所を取るものではなく、ワイヤーキーつきバッグタイプの「簡易宅配バッグ」も登場しています。

ただし置き配に関しては、防犯上、長時間放置しないで済むようにすることも大切ですし、雨の日の対策も考えたほうがいいでしょう。

▼別の場所で受け取るという方法
宅配の中にはコンビニ受け取りを指定できるものもありますし、最近では駅やスーパーなどに宅配ボックスの代わりとなるロッカーがあり、そこに自分で取りに行くという手段もあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ