無料の会員登録をすると
お気に入りができます

オードリー、急増したリモート収録を語る 『ヒルナンデス』での失態も…

エンタメ

『あちこちオードリー』でオードリー・若林正恭と春日俊彰がリモート収録について語った…

19日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)は、オードリー・若林正恭と春日俊彰が2人だけで本音トークを展開。昨今急増した「リモート収録」について持論を展開していった。

オードリー

◼リモート収録が急増

新型コロナウイルスの影響から、3密を防ぐ収録方法として一般化したオンライン・リモート収録。オードリーの2人も多くの番組でリモート収録を体験している。

いつもはゲストを呼ぶ同番組だが、この日は2人でのトークとあってスタジオ内は少人数。若林は「人数が少ないほうが得意だもんね」と春日の本音を代弁すると、春日は「今の状況がすごくやりやすい」と共感、部屋にカメラとパソコンだけというリモート収録に触れていく。

関連記事:ロケ芸人が現地に行かず取材する時代 ノブコブ吉村「次世代の番組作りに…」

ロケ芸人が現地に行かず取材する時代 ノブコブ吉村「次世代の番組作りに…」

◼若林は苦手?

リモート収録のためにホテルに呼び出された春日。部屋にはカメラとパソコンがセッティングされており、打ち合わせもオンラインだったため、「その日会ったのはホテルのフロントのお姉さんだけ」と振り返り、「スタッフさんが知恵を絞ってやってくれている」と時代の変化に感心した。

若林はモニタリング用のパソコンとリモート用のパソコンが用意されていた収録を思い出す。「真っ白い密室で自分でパソコンを操作して、VTRを観て、1人でリアクションする」ため、「頭おかしくなってくる」と笑った。

さらに「普段のひな壇だと前に出てこないのに、リモートだと超前に出てくるとかある」と出演者のスタイルの変化も若林は指摘。春日もオンライン飲み会で「リモートだとすごい喋りますね」と後輩に指摘されたと苦笑いを浮かべる。

◼『ヒルナンデス』でも…

オードリーがレギュラーを務める『ヒルナンデス』(日本テレビ系)もいち早くリモート収録を採用。春日の4m後方で待機していた若林は「何もしてない」と思われたくないと春日のギャグ・鬼瓦をしていたのだが、帰宅後オンエアを確認すると「俺の鬼瓦がドアップで血の気引いた」とリモート収録の怖さを吐露する。

さらにクイズ出題中にボケまくっていたら、MCの南原清隆が「水曜日ボケすぎ」と呆れてフリップを出していたと若林は指摘。スタジオのリアクションも空気もわからないとリモート収録ならではの悩みを明かした。

関連記事:高嶋ちさ子はリモート収録が苦手? 長島一茂が隣にいなくて「清々しい」

高嶋ちさ子はリモート収録が苦手? 長島一茂が隣にいなくて「清々しい」

◼今後の課題か?

リモート収録が得意な春日に対して、「リモートは本当に困っている。はやくスタジオでみんなに会いたい」と総括した若林。視聴者はオードリーのリモート収録論を楽しんだようだ。

2人のトークに「リモート王!!!」「リモート撮影裏話なるほどと思った」「若林さんのリモート収録評、クソ深いなっ!!!」と多くの感想が寄せられていた。

オードリーの2人であっても両極端な感想となった新型コロナへの対策として開発されたリモート収録。もう暫くはこのスタイルが主流となるだけに、いかにリモート収録を活用、楽しめるかが今後の芸能人の課題になりそうだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ