無料の会員登録をすると
お気に入りができます

久しぶりに『スタバ』へ行くと… ストローに驚く人が続出中

グルメ

久しぶりのスターバックスでは“アレ”が変わっているかも? エコな取り組みには多くの反響が

今月25日に、緊急事態宣言が全面解除となってから初めての週末を迎える。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、休業していた大型商業施設なども続々と営業を再開し、少しずつ元の日常が戻ってきた。

そうした中、久々に『スターバックス』を訪れたという人々から、驚きの声があがっている。

スターバックス

■首都圏でも店内利用を再開

スターバックスコーヒージャパンでは、緊急事態宣言の発令に伴い、特定警戒都道府県にあたる13の都道府県の店舗を臨時休業に。

5月19日から営業時間を短縮して再開していたが、緊急事態宣言が継続されていた東京都などの8都道府県は、テイクアウトのみの対応となっていた。

その後、緊急事態宣言の段階的な解除に伴って徐々に店内利用が再開され、25日に全面解除となったことを受けて、27日から全国の店舗で店内飲食が可能となっている。

関連記事:『スタバ』の営業再開に「ユーザー以外」の方面からも歓喜の声相次ぐ

『スタバ』の営業再開に「ユーザー以外」の方面からも歓喜の声相次ぐ

■「紙ストロー」の普及が進む

緊急事態宣言が解除され、至極の1杯とくつろぎの時間を求めて来店した人は少なくない様子。

そんな久しぶりにスターバックスを訪れたという人々から、インターネット上では「スタバ久しぶりに買ったら紙ストローになってる!」「約3カ月ぶりのスタバ、紙ストローになってた」など、飲食するうえでの大きな変化に、驚きの声が相次いでいる。

■今年1月から段階的に導入

スターバックスは、2018年7月に「2020年末までに全世界のスターバックスにおいて、使い捨てのプラスチックストロー全廃止する」と発表。日本のスターバックスでも、2020年1月より段階的に紙ストローを導入すると発表されており、年明けから導入が始まっていた。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によって、臨時休業以前から外食を控える動きが増えていたこともあり、今このタイミングで「紙ストローが導入されていることを初めて知った」という人は少なくない様子だ。

なお、2019年11月時点の同社の発表では「2020年夏頃までに全店で切り替え」とされており、そう遠くないうちに慣れ親しんだ緑色のプラスチックストローは姿を消すこととなる。

関連記事:『スタバ』の営業再開に「ユーザー以外」の方面からも歓喜の声相次ぐ

『スタバ』の営業再開に「ユーザー以外」の方面からも歓喜の声相次ぐ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ