無料の会員登録をすると
お気に入りができます

『ローソン』の新しくなったアイスコーヒー これからの季節に最高だった

グルメ

「ローソン」のアイスコーヒーとアイスカフェラテがこのたびリニューアル。雑味がなく、まろやかな味わいになったとのことだが、はたして…。

大手コンビニチェーン・ローソンの淹れたてコーヒー「MACHI cafe」のアイスコーヒー(税込100円)とアイスカフェラテ(税込170円)がこのたびリニューアル。

ローソン

これからの季節、何かと飲む機会が多い2種だけにこのリニューアルはかなり気になる。そこでしらべぇ編集部は早速、購入することにした。

■焙煎方法に着目

気になるリニューアル内容だが、公式ツイッターアカウントや公式サイトによればコーヒー豆が変更されたよう。また、丁寧に時間をかけて焙煎することで、雑味がなくなり、まろやかな味わいになっているとのことだ。

コクと余韻の両立を目指すために焙煎方法に着目していると書かれていたが、はたして…。

関連記事:ファミマも「アイスコーヒー直飲み」 ストロー不要のフタにネットの反応は…

ファミマも「アイスコーヒー直飲み」 ストロー不要のフタにネットの反応は…

■すっきりで飲みやすい!

アイスコーヒーを飲んでみると、これはウマい! たしかにスッキリとした味わい。ほどよい苦味がありながら、口の中に嫌な苦さは残らない。

SNS上でも「飲みやすい」との声があがっているが、「アイスコーヒーはごくごく飲みたい派」の人にとっては非常に良いかもしれない。これからの暑い季節にもぴったりだ。

一方で、がっつりと苦い味のアイスコーヒーが好きという人にとっては、若干の物足りなさを感じてしまうかもしれない。

また、アイスカフェラテだが、牛乳の強い味わいはそのままに、やはり飲みやすい印象。牛乳とコーヒーそれぞれの良さが引き立っている。

■「ストロー無し」でおいしさをより実感?

なお、ローソンではアイスコーヒーSサイズが紙製カップになっており、フタも「ストロー無しの直飲み」タイプに変更されている。

一部では「ストローのほうがよかった」と不満の声もあがっているが、飲み口が大きい分コーヒーの香りも楽しめるし、リニューアルしたアイスコーヒーの飲みやすさをより実感できるだろう。

関連記事:ローソン「鬼滅デザインカップ」の注意点 特別容器にはある条件が…

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ