無料の会員登録をすると
お気に入りができます

新型コロナ影響で“電車の座席人気ランキング”変動か 「昔は好きだったけど…」

ライフスタイル

(Fiers/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

緊急事態宣言が全面解除となってから、はや数日。新型コロナウイルスの驚異が完全に収束したわけではないが、日常が少しずつ戻りつつある。

しかし記者(私)が電車に乗車していると、妙に違和感のある現場に何度か遭遇した。

■電車と座席

通勤・退勤時の電車の座席事情は、かなり重要な存在。人によっては遠回りのルートを選択してでも、「絶対に座れる電車」を追求するケースも珍しくない。

日々の労働で摩耗し切った現代人にとって、電車の座席とは砂漠のオアシスにも匹敵する憩いの場なのだ。とくに人気が高いのはやはり「端の席」だろう。「左右を他人に陣取られていない」という開放感もさることながら、寄りかかって休息をとれるのはかなりアドバンテージが大きい。

関連記事:電車の座席、譲ったことはある? 若者と高齢者に驚きの差が

電車の座席、譲ったことはある? 若者と高齢者に驚きの差が

■「不敗神話」の終了か

そのため、端の席は乗客にとっては「真っ先に確保すべきスペース」であった。「端を制したものが勝負を制する」という、まるでオセロの必勝法のような不文律を心に抱いている人も多いだろう。

しかし記者がここ数日、JRや東京メトロの路線を利用していると、どうも端の席に座っている人が少ない印象を受ける。場合によっては端の席が空いているにも関わらず、あえてその隣の席に座る乗客の姿も。

■「多くの人が座るから怖い」

ネット上を見ると、「端の席って多くの人が座る場所だから、少し怖いです」「車両の入り口付近に寄っかかってる人多いし、端の席だとそういう人たちとの距離が近くなるんだよね」「昔は端っこ好きだったけど、今座るのはちょっと…」といった意見が多数見られた。

どうやら端の席に座ることで、「新型コロナ感染のリスクが高まるのでは?」と懸念する人が多いようだ。

関連記事:電車内に突如貼られた「手書きポスター」 読んだ乗客はみな感激

電車内に突如貼られた「手書きポスター」 読んだ乗客はみな感激

■「端に座らない」人に聞いてみると…

そこで、移動には日ごろ電車を利用している30代の女性に話を聞いてみると、「言われてみれば端の席を避けているかも」という回答が。

今回の質問を受けるまで本人にも自覚はなかったそうだが、「席が全部空いてたら多分、真ん中の席に座ると思います」と話す。無意識のうちに、端の席に不信感を抱いていたようだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ