無料の会員登録をすると
お気に入りができます

『ユニクロ』のセルフレジで絶対注意すべき箇所 店員のひと言が納得だった

ファッション

買い物をグンと楽にしてくれた『ユニクロ』のセルフレジ。しかし、利用時には「必ずチェックしておくべき場所」が存在するようだ。

■近未来の機器

「日進月歩」という言葉が存在するが、ユニクロのセルフレジはまさにそれ。セルフレジに多い「スキャナーを通す」といった工程をカットしており、商品カゴを「所定の場所に置く」という動作だけで商品の情報が機器に表示されるのだ。

あまりにオーバーテクノロジーがすぎるこの仕様は多くのユーザーに衝撃を与え、ネット上では「ユニクロの進歩がヤバすぎる」「完全に未来の買い物だわ」「ちょっと行かない間に、こんな便利なものが…」といった驚きの声が相次いでいる。

関連記事:川崎希、ユニクロの会計方法に驚き 「ほぼ人に合わない」「近未来的」

川崎希、ユニクロの会計方法に驚き 「ほぼ人に合わない」「近未来的」

■ユーザーのうっかりミスも

セルフレジの利用にまだ慣れないユーザーは多いようで、中には商品のハンガーを「うっかり持ち帰ってしまった」というケースもチラホラ。

うっかり持ち帰ってしまった

使用に慣れてくれば、いずれこういったミスは減ってくるだろう。しかし、ユニクロのセルフレジには「絶対に確認しておくべきポイント」が存在することをご存知だろうか。

■「本体」のサイズをしっかりと

購入時は商品の「サイズ」をしっかりと確認しておきたい。「何を当たり前のことを…」と思う人もいるかと思うが、重要なのはハンガーでなく「商品本体に記載されたサイズ」を確認すること。

ユニクロのセルフレジを使用した経験がある人ならばピンと来るかもしれないが、こちらのセルフレジは「商品名」や「金額」をスキャンしてくれる代わりに「サイズ」までは読み取れない。

そのため「Mサイズの商品を試着した客が、誤ってLサイズのハンガーに服をかけてしまった」などの事情でハンガーに表記されたサイズと商品の実際のサイズが異なっている場合、ユーザーが自分で目視確認するしか対策を練ることができないのだ。

関連記事:セルフレジと相性最悪の商品 『ファミマ』店員秘伝の奥義で瞬殺だった

セルフレジと相性最悪の商品 『ファミマ』店員秘伝の奥義で瞬殺だった
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ