無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スタバの紙ストロー、飲み終えた後に絶対確認すべき部位があった

ライフスタイル

多くの『スタバ』店舗にて紙ストローが導入され始めているが、注意すべき箇所も存在し…。

『スターバックス』ではプラスチック製のストローの使用を廃止し、紙ストローへの移行を進めている真っ最中。まだ過渡期にあるため、紙ストローに遭遇した覚えがないスタバユーザーもいるのではなかろうか。

■賛否呼んだ紙ストロー

ちなみに、紙ストローを体験したスタバユーザーからは賛否の声が上がっている。環境に配慮してストローの素材を変えた点は評価を集めているが、問題は紙ストローの性能。

当然、紙は水との相性が悪いため、カップの中に長期間挿していると、いずれフニャフニャとふやけた状態になってしまう。またフラペチーノとの相性は最悪で、「フラペチーノに紙ストロー使うのはやめて…!」といった悲鳴も多数上がっているようだ。

関連記事:“紙ストローふにゃふにゃ問題”の最適解 『スタバ』店員も認めたテクが最強だった

“紙ストローふにゃふにゃ問題”の最適解 『スタバ』店員も認めたテクが最強だった

■ゴミ箱を覗くと…

ある日、記者が都内のスタバ店舗を訪れ、飲み終えたドリンクを破棄しようとした時のことである。ゴミ分別のラベルを見て違和感に襲われたのだ。

通常、スタバに限らず多くの場所では「可燃物」と「不燃物」を分けて捨てるように呼びかけているが、同店では「不燃物」のゴミ箱内に大量の紙ストローを発見。

もちろん「可燃物」のゴミ箱内にも紙ストローは見受けられたが、なぜゴミ分別が疎かになってしまったのだろうか。

■答えはカップの構造にあった?

記者は、カップの構造に原因があるのではないかと考える。現在スタバでは、ストローだけでなくカップの蓋部分の仕様も変更。以前までは「×」印の部分にストローを挿し込んでいたのだが、最新のモデルでは丸い形の穴にストローを通す仕様となった。

多くの店は新しい蓋を使用しているが、一部店舗ではいまだ旧型の蓋を使用している。旧型の蓋は新しい蓋と異なり、差し込み部分がストローを圧迫するため、外から力を加えない限りは穴からストローが外れることはない。

そのため、蓋を外してカップ内の飲み残しのドリンクを流しに捨てた後は、空になったカップ本体とストローがついた蓋を「不燃物」としてセットで捨てることが可能だったのだ。

関連記事:『スタバ』新作大好評の裏であがった「心配の声」 その原因とは…

『スタバ』新作大好評の裏であがった「心配の声」 その原因とは…

■紙ストローとの相性は悪い

以前の状態ならば「プラスチックの蓋」と「プラスチックのストロー」という「不燃物」同士が組み合わさっていたのだが、現在はストローのみが「可燃物」というチグハグな状態に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ