無料の会員登録をすると
お気に入りができます

引かないなんてもったいない!奥二重さんこそデカ目に見える♡アイライナーテク

奥二重歴=年齢のエステティシャン、駒です。アイラインを引いても埋もれて見えない、そもそもどこにラインを引けば良いのか分からない…。奥二重さんからよく聞くお悩みです。今回は「奥二重による奥二重のためのデカ目効果もあるアイライン」をご紹介します。

メイク

まつげの「隙間」を塗りつぶす

「アイライン」という言葉の意味をそのまま捉えるのは、今日で終わりにしましょう。

まつげの上にラインを引いても、目を開くと消滅してしまうのが奥二重の苦悩。さらに、二重幅を覆う皮膚にインクが擦れて、メイクが崩れやすくなるのも困りますよね。

奥二重のアイラインでいちばん重要なのは、まつげの隙間を埋めること。圧をかけなくても描ける、芯がやわらかめのペンシルアイライナーがオススメです。

写真のように、「線」ではなく「点」で埋めるイメージで描くと、より自然に見えますよ。

机に鏡を置いて見下ろし、目を見開いてまつげの下側から描くと、まつげの隙間を綺麗に埋めることができます。

この方法で描けば、伏し目にしてもラインはほぼ見えません。覆いかぶさっている二重幅にも移らないので、メイクが崩れにくいのも◎

奥二重のデカ目メイクは横幅重視

縦幅を強調しようとしてラインを太く描いても、二重幅が覆いかぶさって見えなくなってしまう奥二重アイメイク。縦幅は潔く諦めて、横幅強調にシフトチェンジしましょう!

目尻にラインを入れることで横幅が強調され、流し目のようなセクシーな色っぽい目元を演出できます。

目尻のアイラインがあるだけで、ペンシルラインだけの時よりも目が大きく、引き締まって見えますよね。

目尻を丁寧に仕上げることが、奥二重のデカ目メイクの最大ポイント。ペンシルアイライナーとリキッドアイライナーの使い分けが重要です。

まつげの隙間を目頭から目尻までペンシルアイライナーで埋めた後、目尻側2/3あたりからリキッドアイライナーでなぞり、2、3mmラインを伸ばします。

ペンシルとリキッドを重ねることで、境目が綺麗になじんで自然に見えます。

ペンシルとリキッドは同系色を選んでくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ