無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダサ見えと垢抜けの別れ道はココ!プロが教える今っぽアイメイクの3ポイント

メイクの中でもトレンドがしっかり分かりやすいのがアイメイク!アイシャドウはシンプルにさらっと、抜け感を残してアイラインとマスカラで仕上げるのが今っぽいメイク。そこで今回はついやってしまいがちな、今っぽ感のないやりすぎアイメイクと今っぽ感を簡単に出す方法をご紹介いたします。

メイク

やりすぎダサ見えにならないように!

アイメイクをする際についついやってしまうのが、目元を大きく見せようと盛りすぎてしまうことです。

少し前はしっかり盛ったアイメイクがトレンドでしたが、目元を印象的にみせつつ抜け感があるような仕上がりが最近のイマドキメイクです。

ダサ見えしてしまうアイメイクのポイント

・アイシャドウの境目がくっきり

・リキッドアイライナーで目を囲むだけのアイライン

・盛り過ぎてダマが目立つマスカラ

しっかり陰影を作ってデカ目仕上げにしようとするのはいいのですが、濃いカラーをしっかり乗せすぎて境目がくっきりしてしまっているのは少々やりすぎです。

また、目をがっつり囲ったアイラインはアイラインの印象が強すぎて抜け感要素がなく、イマドキ感を出しにくくなってしまいます。

目の上下幅を広げようとガッツリとマスカラを塗ってダマになってしまっているのも、盛りすぎているなという印象を与えてしまいますよ。

少しアイテムのチョイスを工夫する、乗せ方を変えるだけで、イマドキ感のあるアイメイクに仕上げることができます。

今っぽ見えするアイメイクのポイント

・アイシャドウはさらっと仕上げる

・アイラインはインラインと目尻ラインで目元をくりっと

・マスカラはブラウンで抜け感をプラス

この3ポイントを押さえると、ぐっとイマドキ感あるアイメイクになります。

アイシャドウはさらっと仕上げる

沢山色が入っているアイシャドウパレットは、ついつい色を重ねて仕上げたくなってしまいますよね。最近は、アイシャドウはさらっと、軽く陰影を出すような仕上がりがトレンドです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ