無料の会員登録をすると
お気に入りができます

こまめな補給で肌ツヤUP! 夏に摂りたい7つの栄養成分とは?

美容

体を作るタンパク質に、ストレスから守ってくれるフィトケミカル、過剰な水分や疲労物質をオフするカリウム&クエン酸etc…。夏を快適に乗り切るなら、味方に付けるべき栄養成分はこの7つ! 皮膚科医の山崎まいこ先生と管理栄養士の森さやかさんが教えてくれました。

タンパク質 すべての細胞の“モト”。これがなければ始まらない。

「英語でタンパク質を指す『プロテイン』は、『最も重要なもの』という意味のギリシャ語から派生したもの。その言葉どおり、体じゅうで必要な“原材料”です」(山崎先生)

しゃきしゃきと動ける体でいるためには、必要不可欠な栄養素。

「肌や髪、骨を健やかに保つためにも必須です。タンパク質は体内で常に合成と分解を繰り返すうえ、夏は消耗が激しく不足しがち。毎食しっかりと摂りましょう」(森さん)

目安は1食につき片手に乗る程度の肉や魚、卵、大豆製品を。毎回種類を変えるのもポイントだそう。

「そうすることで食べ方が変わり、ほかの栄養成分をバランスよく摂るのにも役立ちます」

摂り方のコツ タンパク質の代謝を助けるのはビタミンB2。肉や魚、卵や豆類自体に含まれることが多いけれど、さらに増やすなら乾物やアーモンドなどと一緒に摂ろう。

ビタミンB群 タンパク質や糖質を働かせる大事な立役者。

ビタミンB群とはB1、B2、B6など8種類のビタミンの総称。

「なかでも大切なのが糖質の代謝に関わるビタミンB1と、糖と脂質、タンパク質の代謝に広く関わるビタミンB2、体内の酵素の作用を助けるビタミンB6です。これらがしっかり働いてくれると、肌荒れや肥満の予防になるだけでなく、イライラなどメンタル面のトラブルを抑えるのにも役立ちます」(森さん)

豚肉やうなぎ、豆類、にんにくはビタミンB群が多くおすすめ。

「また、ビタミンB群は腸内でも作られています。食物繊維やオリゴ糖などを摂って腸内環境を整えることも、ビタミンB群を増やすことにつながります」(山崎先生)

摂り方のコツ 尿で排出される率が高い水溶性ビタミンなので、こまめに摂ることが必要。疲れ対策には、ビタミンB群とブドウ糖がバランスよく含まれる甘酒もおすすめ。

鉄分 現代女子に圧倒的に不足中。こまめに補給を。

血液内で酸素を運ぶヘモグロビンの材料となるミネラル。メラニンの分解にも関わっている。

「鉄分が行き渡った体は疲れにくく、肌ツヤにも好影響。夏は汗で排出される量が増えるので、意識して摂りたいですね」(山崎先生)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ