無料の会員登録をすると
お気に入りができます

リモートワークで疲れ目と肩こりが限界な人必見!薬剤師が教える!簡単にできる対処法

ライフスタイル

リモートワークで疲れた目と肩こりに

新型コロナウイルス対策として、リモートワーク(テレワーク)がまだまだ続きそうですね。学生の方々もまだオンライン授業が継続されるところもあるようで、パソコンやタブレット端末とにらめっこする日は終わらなそうです…。

私もそうですが、画面をずっと見ていて目が疲れた、同じ姿勢で肩コリが酷いといった悩みをよく耳にするようになりました。先日は小学生がオンライン授業で目の疲れやドライアイを訴えているというニュースも。

そこで今回は、リモートワークでの疲れを少しでも緩和できるよう、目の疲れや肩こりについて触れたいと思います。

目が疲れてショボショボする…

目が疲れる理由として、ずっと同じところを見続けることがあります。(もちろん、画面からでるブルーライトの刺激もありますが、それはモニターの光度を下げたり、ブルーライト対策グッズなどで対策できます。)

目のレンズの横についている網様体筋(もうようたいきん)という筋肉があります。同じところを見続けることで、目のピントを合わせるためにそこが固くなってしまい疲れを感じます。

また、パソコンやスマホの画面を凝視していると瞬きを忘れてしまいドライアイの状態となり、よけいに眼精疲労を感じてしまいます。

対策として、瞬きを意識的にしたり、時々目の体操として、右、左、上、下をみたり、ぐるっとまわすのもいいですね。また、目をホットタオルで温めることで血流を促進したり、湯船にゆっくりつかるのも大切です。

プラスして、目薬やコリをほぐす薬などもお勧めです。

目の疲れに効く薬

色々ありますので、好みでいいかと思います。最近、中高年向けに高額で高機能の目薬も出てきましたが、眼精疲労と書いてある目薬でも十分です。

■サンテPC シリーズ/参天製薬
■サンテ ボーティエ/参天製薬 バラの香りがして容器もかわいいので少し贅沢な感じ。
■ロートデジアイ/ロート製薬
■スマイル40EXシリーズ/ライオン

飲み薬では、眼精疲労や血流促進作用のあるビタミン成分などが含まれるものがいいでしょう。

■キューピーコーワiプラス/興和株式会社

ただ、気を付けていただきたいのが、目の前が曇っている感じがする、見えにくくなってきたなど、ちょっとおかしいなと思うことが続くようでしたら、必ず眼科を受診してくださいね。

最近ブルーライトの影響で白内障が増えているようなことも言われています。白内障は、眼のレンズが白く濁っていく症状で元には戻りませんが、治療法などは早めに医師に確認してください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ