無料の会員登録をすると
お気に入りができます

リモートワークだからってすっぴんだと大変なことに!?ブルーライトの日焼けに注意!

美容

薬剤師の三上彰貴子です。新型コロナウイルスの影響で、日本でも本格的にリモートワークが進んできましたね。家でのパソコン作業やスマホ画面とにらめっこという状態ではないでしょうか。でもみなさん、家にいるときに日焼け止めってつけていますか?在宅だからってすっぴんでお仕事していませんか?実は、モニターから発せられるブルーライトでも日焼けをするんです。今回は、そんな日焼けを防ぐ、日焼け止めについてご紹介します。

日焼け止めによく書かれている「SPF」と「PA」って何?

まず、日焼け止めの基本ですが、日焼け止めにはSPA10や、SPF60と「SPF」という文字と、PA+、+++など「PA」という文字が書かれていますよね。

数値や+の数が多ければもちろんその分日焼け止めの効果が高いのですが、そもそもこの記号って何でしょう?

紫外線は、波長によって幾つかに分けられ、波長の長い物から紫外線A波(UVA(Ultraviolet A))、B波(UVB)、C波(UVC)があります。

UVCは、波長が短いのでオゾン層で吸収されて地球にはほぼ届きません。地表に届くのはUVAとUVBで、これが肌に影響を与えるのです。

シワやたるみの原因になる「UVA」

波長の長いUVAは、地表に届きやすく、紫外線の9割を占めています。波長が長いので皮膚の中まで入ってきて、肌のタンパク質を変化させてしまします。

そのため、長時間浴びるとシワやたるみの原因になります。また、じわじわ色素を沈着させて黒くする作用もあります。

地表に届きやすいので、曇りの日でも、秋や冬など一年中地表に降り注いでいますし、普通のガラスは通過してしまいますので、家の中にいてもじわじわ日焼けをしてしまいます。

このUVAの防止効果の程度をあらわすのが「PA」です。

赤くはれたり、シミ、皮膚がんの原因になる「UVB」

5月ぐらいから秋ごろまで特に強く地表に届き、アウトドアのレジャーで日焼けをすると真っ赤になったりするような強い日焼けをもたらすのがUVBです。

波長の短いUVBは、皮膚の表面に作用して、たくさん浴びると赤くはれたり、特にシミの原因になります。また、細胞のDNAにも影響して皮膚がんの原因にもなります。

このUVBの防止効果の程度を表すのが「SPF」です。

PAやSPFは数値が高いほうがいい?

難しくなりますので、簡単に触れますが、PAやSPFは日焼け止めを塗ったところと塗らないところで日焼け止めの効果がどのくらいあったのかを、割合で示したような感じです。

もちろん、SPF10よりSPF50の方が、数値が高いとそれだけ紫外線防止効果は高いです。PAも+(プラス)の数が多い方が、よりUVAの防止効果が高くなります。

ただ、通勤や買い物で少し出かけるぐらいでしたら、低めの物で大丈夫。数値が高いと皮膚への負担も少なからずあります。

アウトドアで長時間外にいるのでしたら、SPF50や60、PA+++やPA++++など高いものを2~3時間おきには塗るようにした方がいいですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ