無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お腹のドッシリ感を緩和[しなやか痩せボディ]へ導く“腰方形筋”の簡単ストレッチ

美容

華奢見えする体に整えていくためには、普段あまり意識が向かない“体の後ろ側の筋肉”を意識したケアも欠かせません。中でも注力したいポイントの1つが骨盤や背骨を支える「腰方形筋」。ただし、体幹の1つである腰方形筋はマッサージではアプローチしにくい筋肉なので、簡単なストレッチ習慣で柔軟性をキープしていくことが大切です。

【腰方形筋ストレッチ】

腰方形筋が凝り固まるとお腹がドッシリとした印象になるだけでなく、腰の痛みの原因にもなってしまいます。ぜひ習慣的なストレッチでケアしていきましょう。

(1)仰向けに寝る

(2)腰をひねって脚をクロスさせ、下側の脚のひざを曲げる

(3)曲げた脚のつま先を掴んで、ゆっくりと息を吐きながら30秒間キープする

▲足を掴んでいる腕側の肩がベッドから浮かないように注意してください

反対側も同様に行い、“1日あたり左右各3回を目安”に実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためには(3)の姿勢時に「足を掴んでいる腕側の肩を浮かせない」ことがポイント。胸を正面から天井方向に向けるイメージを持ちながら、足を掴んでいない方の手を万歳をするようにしておくと比較的上半身のコントロールがしやすくなります。

シンプルな動きのストレッチ法ですが、習慣的に実践することでお腹周りのドッシリ感が軽減されていき、スタイルアップにつながります。ぜひ入浴後や寝る前の習慣にしてみてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>

Dr.ストレッチ トレーナー
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ