無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そのメイク、ホントに大丈夫?ついやっちゃいがちな「ダサ見えアイメイク」

メイクのトレンドは常に移り変わっていますが、自身のメイク方法のアップデートがうまく出来ない方も多いかと思います。特にアイメイクは顔の印象を左右するため、流行遅れのメイクを続けているとダサ見えしてしまいます。今回はついやってしまいがちなダサ見えメイクと改善方法を解説していきます。

メイク

NG!ダサ見えアイメイク

まずはNGメイクです。

BADポイント①

濃い色のアイシャドウを広範囲に入れるとケバくなってしまうため、最近流行中のナチュラルメイクから離れた印象になります。

上まぶたにアイラインを入れる場合も同様で、太すぎるアイラインは抜け感がなくダサ見えしてしまいます。

BADポイント②

下まぶたにしっかりアイラインを引くと不自然になってしまうため、下まぶたに陰影を付けたいときは締め色のアイシャドウをぼかして入れる方法がおすすめです。

BADポイント③

目頭にキラキラした大粒ラメを乗せるのはウルウルした瞳になれるテクニックに思えますが、これも今のトレンドからは外れているためダサ見えしてしまいます。

濡れツヤ感を出したいときは涙袋にツヤのある肌なじみの良いアイシャドウを入れましょう。

BADポイント④

マスカラをしっかりと塗ったアイメイクは目力がアップしますが、最近はナチュラルなマスカラが主流のため、ボリュームタイプのマスカラの塗り過ぎには要注意です。

マスカラがダマになるとアイメイク自体の仕上がりも悪くなってしまうため、コームで梳かしながら繊細なまつげメイクを意識すると綺麗に仕上がります。

OK!今っぽアイメイク

続いてはOKメイクです。

GOODポイント①

アイシャドウは透け感のあるタイプのものがトレンドです。

アイシャドウはあまり何色も重ねず、肌なじみの良いシアーなベージュやブラウンのアイシャドウを、1、2色程度使用して仕上げると今っぽさが増します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ