無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダサ見えしたくない人必見!元美容部員が教える垢抜けアイを叶えるアイシャドウテク

元美容部員コスメコンシェルジュのIkueです。かわいいアイシャドウを買っていざ使ってみたら「あれ?何か変。」なんて思うことはありませんか?アイシャドウは使い方を変えるだけで仕上がりが全然違います。今回は垢抜けアイを叶えるアイシャドウテクをご紹介します。

メイク

こんな塗り方していませんか?NGアイシャドウの塗り方

アイシャドウがうまくできない!という方、こんな塗り方になっていませんか?

アイシャドウを塗る場所がイマイチわかっていない、グラデーションがうまくできていない、アイシャドウの色が薄すぎる、または濃すぎる…うまくできないという方は一緒にチェックしてみましょう。

アイシャドウを塗る場所が広い・または狭い

アイシャドウは広すぎても狭すぎてもダメです。広すぎると腫れぼったく見えてしまい、逆に狭すぎるとグラデーションがうまくできなかったり、せっかくのパッチリメイクが台無しになってしまいます。

しっかりアイシャドウを入れる位置を確認しましょう!

グラデーションがうまくできていない

アイシャドウはしっかりグラデーションを作ることがとても重要です。塗った後は、色同士の境目をしっかりとぼかしましょう。

特にアイホールのぼかしは大事で、しっかりぼかせていないとアイシャドウをスタンプで押したように見えてしまいます。

アイシャドウの色が薄すぎる、または濃すぎる

濃すぎるときついイメージになりやすく、薄すぎると目元がぼやけてしまいます。色をのせるときは少しずつ足してちょうど良い色味になるようにしましょう。

OKアイシャドウの塗り方

アイホール内にアイシャドウを塗り、色・グラデーションがしっかりできていると目元がパッと華やかに見えます

アイシャドウの基本「塗る場所」を確認しよう

アイシャドウの塗る位置を確認しましょう。アイシャドウを塗る前に、自分の目に合った塗るべき位置をしっかり知ることが大事です!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ