無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダサ見えしたくない人必見!元美容部員が教える垢抜けアイを叶えるアイシャドウテク

メイク

元美容部員コスメコンシェルジュのIkueです。かわいいアイシャドウを買っていざ使ってみたら「あれ?何か変。」なんて思うことはありませんか?アイシャドウは使い方を変えるだけで仕上がりが全然違います。今回は垢抜けアイを叶えるアイシャドウテクをご紹介します。

指で触って窪んでいるところまでをアイホールと言います。このアイホールからはみ出すと、アイシャドウを入れる位置が広すぎます。慣れない方は指で触り、確認しながら塗っていくと失敗しにくいですよ。

グラデーションもアイホール内で作っていきましょう!単色アイシャドウを使う場合もこのアイホール内に塗ります。

グラデーションを作るときによく聞く「目のキワ」とはまつ毛の根本・生え際の部分です。

使うアイテムを替えてみよう

アイシャドウを塗る時、皆さんは何で塗っていますか?一緒に入っているチップを使う方や指を使う方、筆を使う方。様々だと思います。

今回は、それぞれのツールにどんな特徴があるのかをお伝えしていきます。自分に合ったものを使ってメイクしてみましょう!

チップ

アイシャドウを購入すると一緒に入っていることの多いチップ。チップでアイシャドウをつけると発色が良く、色味をしっかりと出すことができます。

自分の指でアイシャドウを塗るのは一番感覚が掴みやすく、初心者の方でもやりやすい方法だと思います。指もチップ同様に色味をしっかり出すことができます。

また、指を使う時は中指がオススメです。人差し指は5本の中で一番力が入りやすく、目元を強く押してしまいがちです。余計な力が入らず、使いやすいので指でアイシャドウをつける場合は中指でつけていくと良いですよ!

ブラシ

筆の太さでも色味の出し方が変わり、グラデーションがしやすいのが特徴です。細い筆は色味をしっかり出しやすく、太い筆はふんわりと色をつけることができます。

筆の柔らかさでも変わるので、いろんな筆を触って確かめてみると良いですよ!

使う物によってもメイクの仕上がりが変わってくるので、自分のなりたいアイメイクに近づけるようにアイテムも使い分けてみましょう。

垢抜けるためのオススメアイシャドウはこれ!

グラデーションしやすく使いやすいアイシャドウを選んでみました!メイクレシピも添えてそれぞれ紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ