無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大きく体側を伸ばすのがポイント!理想的な[くびれウエスト]をめざす簡単習慣

ビューティ

気づかぬ内に贅肉が付いてしまいやすい脇腹ですが、忙しさを理由にそのまま放置してしまうと、なおさら贅肉は落としにくくなるもの。そこで習慣に採り入れたいのが、大きく体側を伸ばす動きで高い脇腹の引き締め効果を得られるヨガの簡単ポーズ【サイド・アングル】になります。

【サイド・アングル】

体側を大きく伸ばすポーズで脇腹の贅肉の引き締め効果を得られるだけでなく、股関節の柔軟性も高める効果も期待できるので、下半身の引き締めや姿勢改善にもつながります。

(1)四つん這いになり、足の裏を床につけた状態で骨盤を上げ、頭を二の腕の間に入れて背筋を真っ直ぐキープする(ダウン・ドッグ)

(2)片方の脚を大きく前に出し、つま先を90度外側へ向けてから膝を曲げ、上半身を起こして両腕を肩の高さで一直線に広げる(ウォーリア2)

(3)片方の腕の肘を前脚にかけ、もう片方の腕を回転させるように斜め上方向に真っ直ぐ伸ばしてゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

反対側も同様に行います。なお、期待する効果をきちんと得るためには「常に背筋を真っ直ぐにキープしておく」ことがポイント。また、ポーズに慣れてきたら上半身をさらに深く倒すようにすると効果がより高まります。

このサイド・アングルは手順を追って実践するだけで、ヨガの基本ポーズ「ダウンドッグ」と「ウォーリア2」を行うことになるので、各ポイントで3呼吸を目安にポーズをキープしながら行うと3つのポーズの効果を一挙に得ることができます。ぜひ習慣的に実践して、理想的なくびれウエストをめざしていきましょうね。<photo:カトウキギ ヨガ監修:YUKIE(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴4年/トレーナー派遣アプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>

「ダウンドッグ」
「ウォーリア2」
ゼロヨガ インストラクター
「セレクトコーチ」
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ