無料の会員登録をすると
お気に入りができます

周りの評価がいつも気になる! 他人の目に惑わされないための考え方とは

周りの目ばかり気にしてしまう自分から、どうすれば卒業できるのでしょうか?

恋愛・結婚

どこに行っても、人の目が気になってソワソワ…。周りの評価に囚われてしまう自分から、どう抜け出せばいいのでしょうか?

fumumu取材班が、人の目に惑わされないための考え方を聞いてきました。

①評価は変わる

「周りの評価は、常に変わるものだと思ったほうがいいと思います。評価を気にすることがやめられなくても、変化するものだと思えば、評価ばかりを頼ってしまうことはないんじゃないでしょうか。
誰かに評価されたとしても、次の日には相手の気持ちが変わっているかもしれないし。他の人から見たら、否定される場合もありますよね。
人の評価は絶対的なものではないから、参考程度にしないと振り回されてしまうと思います」(20代・女性)

関連記事:「人のため」ばかりで疲れた! 自分を優先するにはどうすればいい?

②人間関係を広げる

「周りの目が気になっていたときは、自分が属しているコミュニティが少なかったんです。会社と家族くらいしか付き合いがなかったので、その中で評価されないと、自分はダメなんだと思い込んでしまって。
趣味で新しい人たちと付き合うようになってから、褒めてもらえることがすごく増えたんです。家族に否定されていたことも、『それはむしろ長所じゃない?』と言ってくれて…。
人間関係が広がったことで、自分らしく過ごしても認めてくれる人はいるんだなと思えました。評価が気になって仕方ないなら、人の目にビクビクしてしまう環境にいるだけじゃないか、一度考えてみてもいいと思います」(20代・女性)

③謝りすぎない

「人に嫌われないように必死になって、謝りすぎるのもよくないと思います。私も、周りにいい人だと思ってもらえるように、小さなことですぐに謝ってしまうことがあったんです。
そうしていくうちに、気持ちがどんどん卑屈になってしまって。謝るのはいつも自分で、だから悪いのも自分で、周りには追いつけないんだろうな…と思い込んでしまったんです。
本当に悪いと思っていないなら、謝らない勇気も必要だと思います。自分をちゃんと守ることで、周りの目も少しずつ気にならなくなっていくんじゃないでしょうか」(20代・女性)

人の評価は、常に変化していくものです。参考程度に聞き流しながら、自分自身の評価を大切にしていきたいですね。

(文/fumumu編集部・くまのなな)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ