無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ひとりLINE」がモヤモヤを解決! 裏アカもアリ

迷いが生まれたり、自信が持てないとき、「ひとりLINE」で楽しみながらサクサク解決! 自分のとるべき行動も見えてくる。

ライフスタイル

モヤモヤが明確な形に。書き出してスッキリ!

スマホのLINEアプリで自分ひとりだけのグループを作り、つぶやきを書き込みながら思考を整理していく「ひとりLINE」。

「この方法のいいところは、誰に見せる必要もないので、そのときの考えごとや気持ちを何でもつぶやけること。いいことも悪いこともすべてを書き出すと頭の中がスッキリして、モヤモヤしていたものが一つの明確な形になってきます」と、発案者で女性起業支援コーチを行う原麻衣子さん。

グループを作る際は、最初は〈デイリー〉から始めよう。

「一日の予定や流れをざっくりと確認し把握する、日常使いのグループです。タスク管理から、メモ帳や日記代わりにと、何でも自由に書き込みます」

仕事はデイリーとは別グループにするのもおすすめ。「仕事は、プロジェクトごとに分けるのもいいと思います」

実際の例と書き込み方のポイントを紹介するので参考にして。まずは、Let’s try!

ひとりだけのLINEグループを作る設定方法

STEP1:LINEアプリを開き、〈ホーム〉画面の右上にある〈友だち追加〉ボタンをタップ。
STEP2:〈友だち追加〉画面から〈グループ作成〉ボタンをタップ。
STEP3:友だちを選択せず、右上の〈次へ〉をタップ。
STEP4:グループ名を入力して、右上の〈作成〉ボタンをタップ。
STEP5:左下の〈トーク〉ボタンをタップして、ひとりLINEグループをスタート。

まず、〈デイリー〉〈仕事〉グループを作って実践してみよう!

つぶやきのポイント

1.日付を書く、あるいは日付スタンプを押す。
LINEグループはトーク画面の切り替えがないので、日にちの区切りをわかりやすくするために、まずは日付を書く。大きく目立つ日付スタンプもOK。

2.今の気持ちをつぶやく。
今の気持ちや天気や体調、楽しみなこと、逆にぼやきやグチなど、頭に浮かんでいることを何でも書き出す。

3.理想のゴールを決める。
「何となく一日が終わってしまった……」にならないように、「今日はどんな気持ちで終わりたい?」と一日のゴール設定をする。「今日はバリバリ仕事を終わらせて充実気分に」「○○君のドラマを見て幸せ気分で眠りたい!」など何でもいい。言葉が出てこないときは自分の気持ちに近いスタンプを選んで。セリフ付きのスタンプもOK。

4.今日やりたいタスク(やりたいこと)を書き出す。
仕事、家事、雑務に関係なく、やりたいこと、楽勝でできることなど、思いつくものをどんどん書き出す。ほかのつぶやきと見分けがつくように、タスクのつぶやきの冒頭にはアイコンとして絵文字をつける。また、一日を「午前中まで」「午後○時の会議まで」「夜○時まで」「寝るまで」と分割すると優先順位をつけやすい。

5.タスクの進め方や流れを作戦会議する。
タスク(やるべきこと)を書き出したら、進め方や流れの優先順位を作戦会議する。話し言葉のままでいい。「やっぱり順番が違うな」「その前に○○じゃない?」と思ったらそれもありのままにつぶやく。何度変更してもOK。この作戦会議が進むと家事ひとつでもサクサクはかどる。

脳内作戦会議で解決策も明確に!

「ひとりLINEの良さは思いついたらすぐ書き出して、脳内で作戦会議ができること。思考整理がサクサク進むだけでなく閃きも得られるので、迷いが吹っ切れるだけでなく、解決策も明確になりやすいです」と、原さん。

その作戦会議で解決策が見えてきたら、「いつやる?」と投げかけると行動に移すきっかけに。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ