無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子どもが大好きロフトベッドの数々のデメリット……。それでも使いたい理由とは?

インテリア

子ども部屋が狭いご家庭では、子どものプライベート空間をどう確保するかで悩まれているママも多いのではないでしょうか。そんなときに便利なのが、上部にベッド、下部に収納スペースや学習机などをおさめたロフトベッドではないでしょうか。今回ご紹介するママスタコミュニティに寄せられたママの声はロフトベッドにまつわるものでした。

『子ども用ロフトベッド。ベッドが高い位置にあって下に収納スペースや机等があるものを買った方に質問です。メリットとデメリットを教えて!』

投稿者さんは、小学校入学準備に合わせ子ども部屋のレイアウトを検討中なのかもしれませんね。実際ロフトベッドの使い勝手はどうなのか気になりますよね。ロフトベッドを使ったことのあるママから続々と声が寄せられましたので、紹介します。

ロフトベッドのデメリットは?

デメリット1:部屋が狭く感じる

『部屋が狭くなるからやめたほうがいいよ。置いたらでっかいよ!!!』
『うちは子どもが使っているけれど、天井が近いから圧迫感がすごくてなかなか寝付けない(笑)。子どもはぐっすりだけどね』

ロフトベッドを置くと部屋が狭く感じてしまうといったママの声が寄せられました。確かにロフトベッドは床面積の節約にはなるのですが、上部空間を占領してしまうので圧迫感がでてしまいそうですよね。狭い部屋がさらに狭く感じてしまうのは避けたいところです。

デメリット2:転倒する危険あり

『昔ロフトベッドで寝ていましたが、ベッドから床に落ちて打撲でひどい目にあいました。他にもロフトベッドの床が抜けて使えなくなったり……』

ロフトベッドの転倒は危ないですね。高さがあるので大怪我につながりそうです。またベッドに登り降りするときに利用するはしごや階段も足を踏み外しやすいというママの声もありました。しっかり耐荷重やガードレール、梯子、階段の滑り止めの有無などを確認のうえ購入を決めたほうがいいのではないでしょうか。

デメリット3:ベッドのある上部は暑い!

『友達が使っていて、泊まりに行ったとき、すごく天井との距離が近かったのを覚えている。クーラーの真下で寝ていたよ』
『夏は暑くて寝られないと聞くよね』
『うちの小学6年生が大人用のロフトベッド使っている。8畳でエアコンの反対側の壁に置いているけれど、暑いとうるさいから夏は朝までエアコンフル稼働』

温かい空気は上昇するので、ベッドの上部は暑く感じるのかもしれません。夏場はエアコンをフル稼働しているといったママの声もあるので、エアコンの風が子どもに直撃しないように注意したいものです。購入する場合はエアコンの場所とベッドの位置を確認したほうがいいですね。

デメリット4:登り降りが面倒

『使い勝手は正直言って良くない。わざわざ寝るのに上に行かないといけないし、朝が苦手だから起きて降りるのも面倒でベッドは物置になって布団で寝ていたよ』
『シーツ交換が本当に面倒くさい』
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ