無料の会員登録をすると
お気に入りができます

北欧発のおしゃれな装飾!ヒンメリでつくる立体感あるモダンインテリア

麦わらで作られる北欧の伝統装飾品のヒンメリを、真鍮で制作する「Brass Himmeli(ブラスヒンメリ)」。そのヒンメリは、麦わら製のやさしい雰囲気や繊細さはそのままに、丈夫でモダンな印象が特徴。植物を組み合わせて飾れるものもあり、その場をたちまちおしゃれな雰囲気に変えてくれます。

インテリア

試行錯誤の末に完成した、美しい真鍮のヒンメリ

北欧・フィンランドで、古くから豊作を祈願して作られていた装飾品のヒンメリ。その名前は空や天を意味するスウェーデン語の「himmel」に由来し、現在も天から幸福を呼び込むお守りとして室内に飾られ親しまれているのだそう。
通常ヒンメリは麦わらで作られていますが、それを真鍮を使って制作しているのが、今回ご紹介する「Brass Himmeli(ブラスヒンメリ)」です。

作り手は、もともと北欧のインテリアが好きで、精神的な豊かさを大切にする北欧の暮らしに惹かれていたという内丸瞳さん。そのライフスタイル広めたいと、北欧のインテリア雑貨などを扱いつつ、旅行記なども掲載するネットショップを運営していました。
そんななか出会ったのが、伝統装飾品のヒンメリ。「収穫後に捨ててしまう麦わらを糸でつなぐことで、こんなにも素敵なインテリアができるのか…」と胸を打たれ、自らがそれを作る道に進んだのだそう。

ただ、麦わらは季節によって入手しにくい時期があります。また、作ったヒンメリは壊れやすく、発送が難しいものでした。それでも、麦わらのヒンメリの繊細な雰囲気を保ちながら、壊れにくいものができないかと試行錯誤してたどりついたのが、直径たった2mmの細い真鍮をハンドカットして磨き、つないでいく方法。素材を真鍮にすることでモダンになり、北欧風のインテリアを意識した部屋はもちろん、さまざまなインテリアに合わせられるものとなりました。

部屋に訪れた人の視線を集める、宙に浮いたようなヒンメリ

まるで宙に浮いているかのように見える「浮遊するヒンメリ #3 ドロップス」。透明のテグスが付いていて、天井やカーテンレールなどから画鋲やS字フックなどで吊るすことができるシリーズのひとつです。
異なるサイズの12面体が入れ子になったデザインは、重なりによって不思議な浮遊感や立体感が増すように感じられ、思わず見入ってしまいます。

浮遊するヒンメリ
#3 ドロップス 8,000円(税込)

同じく浮遊するヒンメリのひとつ、「Ball」。球体に近い形はふんわりとしたイメージで、空間をやさしげな雰囲気に見せてくれます。こちらは吊るす以外に、棚の上に無造作に置いておくだけでもおしゃれ。SML3つのサイズがあり、大きさの違うものを並べて飾るのもおすすめです。

部屋のなかにこうしたポイントがあると、その場がたちまち印象的に。また視線が上に上がることで、部屋が広く感じられる効果も期待できるそう。

浮遊するヒンメリ
Ball S 2,000円(税込)/M 2,800円(税込)/L 3,200円(税込)
Ball 3個セット 7,800円(税込)

植物を素敵に飾れるデザインも

土が不要で育てるのも簡単なエアープランツを飾ることができるヒンメリもあります。

写真の「エアプランツホルダー キューブ」は、中央にも真鍮を渡らせることで、エアプランツを引っ掛けられるようにしたもの。シンプルな8面体に見える分、エアプランツの姿かたちが引き立つように感じられます。

エアプランツホルダー
キューブ 3,500円(税込)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ