無料の会員登録をすると
お気に入りができます

金子恵美が夫の不倫を許した理由に反響 「本当に素敵な女性」「好き」

元衆議院議員の金子恵美・宮崎謙介夫妻が、20日放送の『ボクらの時代』に出演。当時のスキャンダルについて語った。

エンタメ

(写真提供:フジテレビ)

元衆議院議員の金子恵美・宮崎謙介夫妻が、20日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。女優の雛形あきこ・俳優の天野浩成夫妻と対談した。

金子恵美
宮崎謙介

■宮崎氏の不倫騒動について

過去に別番組で共演したことで実現した今回の対談は、お互いの夫婦の関係性や出会いのきっかけなどの話からスタート。家庭内での役割分担についても紹介された。

そして、金子氏が10月5日に著書『許すチカラ』(集英社)を発売することから、中盤には、2016年の宮崎氏の不倫騒動についても言及される。

関連記事:ブラマヨ吉田、20代女性の不倫への考え方に感心 「日本人で良かった」

ブラマヨ吉田、20代女性の不倫への考え方に感心 「日本人で良かった」

■金子氏が夫を許した理由

妻の著書のタイトルにかけ、宮崎氏が「私はどうして許されたんですかね?」と尋ねると、金子氏は「本当にあのときは、この人は私より苦しかっただろうと思っていて」と意外な回答。

その考えに対し、「あなたが裏切られたんだから、あなたが大変なはず」と言われるのだが、「色々な対応をしなきゃいけない大変さはあったんですけど、そんなことひとつで乗り越えられないとは思わなかった」とコメントした。

■ストレスで「逃げてしまった」

一方、スキャンダルが起きた理由について、宮崎氏は「そのことは今考えても、なぜあんなことをしてしまったのかはわからないです」と話す。

そして、論理的に説明することはできないとしながら、当時、自身が国会議員初の育児休業を取得する意向を示したことに対するバッシングが相次ぎ、そのストレスで「逃げてしまったと思う」と続けていた。

関連記事:渡部や東出の場合は… 40代女性の6割が「不倫バッシングはやりすぎ」

渡部や東出の場合は… 40代女性の6割が「不倫バッシングはやりすぎ」

■配偶者が不倫したら離婚を考える?

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女既婚者877名を対象に調査を実施したところ、24.5%が「配偶者が不倫しても離婚せず関係を続けていきたいと思う」と回答。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ