無料の会員登録をすると
お気に入りができます

メンタルトレーニング上級指導者が教える、大きな変化で生じた”心のモヤモヤ”のすっきり解決法!

ライフスタイル

大人も子供も慣れない暮らし方を求められ、ストレスもそろそろMAXに……。ソウル五輪シンクロ・デュエット銅メダリストで現在はメンタルトレーナーの第一人者・田中ウルヴェ京さんに、新時代を生き抜くための発想の転換について伺いました。

田中ウルヴェ 京さん
ソウル五輪シンクロ・デュエット銅メダリスト。米国大学院で修士号取得(スポーツ心理)。IOCマーケティング委員。スポーツ庁スポーツ審議会委員。なでしこジャパン・車いすバスケ男子日本代表等のメンタルトレーナーを務める。夫はフランス人、一男一女の母。

Q.何もやってくれない夫に腹が立っているのですが

ー 家族が家にいる時間が増えて、家事が増えたにもかかわらず「何もやってくれない夫」に腹が立っているのですがどうすればいいでしょうか?(T.Sさん 45歳 会社員)

A.本当に手伝ってほしいなら、何をしてほしいのか具体的に伝えましょう。

この質問には2つの回答ができます。

まず本当に手伝ってほしいですか? とお聞きしたい。 私の経験上、こういったご相談の場合、ほぼ7割は本当は手伝ってほしくない本音があります。

例えば旦那さんが台所に立ち、自分より効率よく上手かったら、私の存在意義が危うくなる。本当は手伝ってほしいんじゃない。じつは美味しいねとか、いつもありがとうとか、ねぎらいの一言がほしいだけ、という人もいます。そうであればその思いをちゃんと伝えましょう。

逆にもし本当に家事を分担してほしいなら、ただ「手伝って」ではなく、「お皿をシンクに持っていってくれると助かるわ」とか、何をしてほしいのか具体的にお願いしましょう。

あなただっていきなりシステムエンジニアの手伝いをしろと言われてもできないですよね?慣れないことを手伝うのがいかに難しいか想像してみましょう。

夫が不慣れで不器用だからとイライラすると、やる気が削がれます。これから先夫婦で年を重ねていくのですから、双方にとって得になる「意思の伝え方」を工夫したいものです。

Q.姑やご近所さんの距離を詰めてくる振る舞いに困っています

ー 姑やご近所さん、「ジワジワと距離を詰めてくる振る舞い」に困っています。いい距離感を保つにはどうしたらいいでしょう(K.Tさん 42歳 主婦)

A.〝よい塩梅〟は人それぞれ。 相手がなぜそうするのか 想像してみてください。

職場、夫婦、お姑さん……どんな人間関係にもちょうどよい塩梅の距離感というものがあります。難しいのは、お互いの〝よい塩梅〟が違うからなんですね。

ウザいと思ったら、一呼吸おいて相手はどういう感情で距離を詰めてきてるのかな? と考えてみて。

高齢者の方はコロナの感染予防のために不要不急の接触を避けて、と言われていたし、お姑さんは寂しいだけかもしれない。ただ誰かと繫がりたい、あなたなら許してくれると思っているのかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ