無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無印良品のお菓子量り売りに行くと… 「お会計システム」に感動する

今月16日から、無印良品の一部店舗で始まったお菓子の量り売り。会計までの細やかな心遣いや、充実したラインナップに大満足

グルメ

9月16日より、無印良品の一部店舗にて「お菓子の量り売り」がスタート。しらべぇ編集部でも早速体験してみたところ、童心にかえることのできる楽しさもさることながら、会計のスムーズさにも驚かされた。

無印良品

■1グラム4円、20グラム以上から購入可

「ときによって、ひとによって、食べたいものや量は違う」という視点から、無印良品では初めて実施されるお菓子の量り売り。

マシュマロやクッキー、ラムネといった甘いお菓子と、おかきやせんべいなどのしょっぱい系のお菓子が全28種、個包装になって取り揃えられており、どれを選んでも1グラム4円、20グラム以上から購入することができる。

関連記事:無印良品、夏にぴったりな無料サービスを開始 「本当に助かる!」

無印良品、夏にぴったりな無料サービスを開始 「本当に助かる!」

■会計までが親切でスムーズ

量り売りというと、想定よりも金額をオーバーしてしまうことが懸念点だが、無印良品のお菓子量り売りは、重さの異なる28種全てに「20グラムあたりの目安◯個(80円)」との目安が記載されていた。

好みのお菓子を好きなだけ選び終えたら、専用の紙袋に入れて、設置されている量りに乗せると……ものの数秒で合計金額が計算され、バーコード付のシールが印刷される。

このシールを紙袋に貼って、レジに持って行けばすぐに会計ができるのだが、現在はセルフレジが導入されている店舗もあり、店員と対面で接触することなく会計まで済ませられる点も、Withコロナ時代にはとても嬉しいポイントだ。

■大人が無邪気になれるオアシス

「お菓子=子供」という固定概念から、編集部員は子供も連れて体験取材へ。

もちろん、子供も楽しむことができるのだが、落ち着いた店内の雰囲気や、訪れていた客の雰囲気からは「大人たちが無邪気になれるオアシス」という印象を受けた。ちなみに、こちらが5歳児に好きなだけ選ばせた結果なのだが……

総重量は155グラムで、金額は税込み620円。しばらくおやつには困らない、大満足のコスパである。

関連記事:イオンのマスクショップ 「マスクと一緒に売られていたモノ」に驚く

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ