無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夕ご飯で「お好み焼きだけ」ってアリ?ナシ?美味しくするひと手間と、おススメの具は?

レシピ

切って混ぜて焼くだけ! のお好み焼きは、ボリューム満点で食べ応えのあるメニューですね。ホットプレートなどを使ってみんなの前で作れば「作る楽しさ」も味わうことができるので、子どもたちからも人気のメニューなのではないでしょうか。お好み焼きが食卓にあがる頻度はそれぞれだと思いますが、ママスタコミュニティにこんな質問があがりました。

『夕飯にお好み焼きってあり? お好み焼きだけ』

関西風と広島風とあるお好み焼き。野菜も入って炭水化物もとれて、夕食にピッタリ! と思いきや、夕食に「お好み焼き」だけ……というのは、アリなの? ナシなの? キッチンの大黒柱、ママたちのジャッジが下ります。

思いっきり「アリ」でしょ!

『普通やん!』
『お好み焼きのみは当たり前だと思っとる』
『関東だけど全然アリ! ホットプレートあるなら、家族でワイワイしながら焼くって楽しそう!』
『ありあり。立派な晩御飯だ!』

まずは、夕飯に「お好み焼きだけ」でもアリ! というママたち。「普通」「むしろ当たり前」というコメントから、お好み焼きがメインから副菜までをも司る万能メニューとして受け入れられていることが伝わってきます。野菜やお肉、炭水化物のすべてが1枚の中に込められ、目の前で作りながら食べると五感をも刺激され、心までお腹いっぱいになりそうです。

『ビールにも合うよ!』

お好み焼きをおつまみにしながら冷たいビールを飲む……至福のひとときですね。

「アリ」だけど、コレが足りない……

一方で「アリ」はアリなんだけど……やっぱり「コレ」が欲しいというコメントが目立ちました。

『だめ! 米も要るやろ!(関西人)』
『うーん、お米と味噌汁いる』
『ありだけどお米欲しいな』
『ごはんがあったら、我が家の定番』

関西地方でよく聞くお好み焼きでご飯を食べるという文化がここに……(笑)。お好み焼きを主食とするのか、主菜とするのかは地域によって異なってきますが、お好み焼きを主菜としている文化のママたちからすれば、やはり夕食に「お好み焼きだけ」というのは物足りなさそう。甘辛いソースの味で、ご飯がすすむのもうなづけます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ