無料の会員登録をすると
お気に入りができます

丹波の最高級黒豆を使った塩黒豆アイス!/スイーツ芸人おすすめのサプライズスイーツ vol.29

グルメ

よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。

手土産やプレゼントでスイーツを贈るとき、「なにこれ!」とか「こんなのあったの!?」と驚きとともに喜ばれると、ちょっと嬉しかったりしますよね。そんな「サプライズスイーツ」をご紹介するこの連載。第29回目は、麻布十番「しろいくろ」の塩黒豆アイスをご紹介します。

「サプライズスイーツ」をご紹介

こんなアイスを待っていた

気付けばあんなに届いていた蝉の声も聞こえなくなり、袖の長い服を引っ張り出すようになってきました。暑さに唸ることもなく、寒さに縮こまることもない。外に出かけても、家で過ごしても、お菓子との相性がいい季節だなあと、毎年思います。

しろいくろさんの塩黒豆アイスは、まさにこの季節におすすめしたい和風のアイス。

ひんやりとしたくちあたりでありながら、口にひろがる甘さは、秋の空気に寄り添うような温度の良さを感じるのです。

しっとりと、ゆったりと、そんな気持ちになってもらえるような、心を和らぐような味わいが待ってます。

「白」と「黒」のモノトーンを基調にしたお菓子を揃えるお店

麻布十番の路地裏に佇む、しろいくろさん。丹波の最高級黒豆を主役にした黒豆菓子のお店です。

和菓子屋さんのイメージが浮かぶかもしれませんが、黒豆を使ったロールケーキやガトーショコラもあり、和洋どちらも揃っています。

ぼくが初めて行ったのは、今から5〜6年ほど前だったような気がします。六本木から麻布十番まで散歩していると、思わず足を止めてしまうようなグッとくる店構えに出会いました。

最初はお菓子屋さんとは思わず、食器や骨董品などを扱うようなお店かと思った記憶があります。引き込まれるように中に入ってみると、外から感じた雰囲気とぴったりの内装。

その時に食べたのは、看板菓子の「黒豆塩大福」。餅生地からうっすらと覗く大粒の黒豆シルエットが愛しい。塩気と甘みの相性がとっても良く、豆の香りをしっかりと感じます。小ぶりながらインパクトの強い、とっても美味しい大福。

店名にもあるように、お菓子も「白」と「黒」のモノトーンを基調に作られていることもわかり、しっかりとしたコンセプトを感じました。塩黒豆アイスもそんなメッセージが込められているような、白と黒をベースにしたアイスです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ