無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そのすき間、こう使えば?お宅の「デッドスペース」活用法

インテリア

インテリアや収納はデッドスペースを活用

その隙間、役に立つ!

家や部屋でちょっとした隙間はありませんか?物を置くには狭いけど、何も活用しないのはもったいない…そんなデッドスペースを使えずに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そんなデッドスペースの活用のチャンスは今!早速デッドスペースを使った収納やインテリアのアイディアをご紹介します。

リビング

空いたスペースに収納ボックスをON

リビングは意外と壁際が空いています。そこに収納ボックスを置くのはいかが?重ねて置けるタイプなら場所を取らず、収納力も高くなります。

子供のおもちゃ収納にしたり、シーツやタオルなど衣類を置いたり、分別できるゴミ箱にもなります。キッチンが近いなら食料庫として使うのも良いですね。ほかの家具よりコスパが良く、簡単に組み立てられておすすめです。

pelican

stacksto

¥ 2,808

フタ付きのボックスで、重ねてもフタを開けられる仕様が便利な収納ボックスです。サイズもカラーもたくさんあり、お好みのカスタマイズができます。※価格はbasicタイプ。

商品詳細
pelican
stacksto.com
商品詳細

ラックに何を置こうかな?

リビングにラックを置けば、こちらも用途を限定せずさまざまな使い方ができます。写真や雑貨を置いて飾ったり、小物置きにしたり、掃除用具を置いたり…。DIYするならサイズもちょうどいい物が作れそうですね。

突っ張り棒×スクエアボックスで収納プラス

リビングの上の空間にも注目。ここの収納に使えるのが突っ張り棒。横に渡すように突っ張り棒を取り付けて、壁で支えるようにボックスを置くとすぐに物が置けます。(写真の例では突っ張り棒を手前と底部に計二本使用)

instagram.com

落ちないように突っ張り棒の先に耐震ゴムをつけているそうです。手が届きやすい高さに調節すると、収納もしやすいですね。ただし、あまりにも重い物を入れると落ちてしまうので、気をつけましょう。

記事に関するお問い合わせ