無料の会員登録をすると
お気に入りができます

新型コロナウイルスへの感染対策をしている家庭は75%超え。「できる備えをできる範囲で」やっておこう

ライフスタイル

2020年3月ごろから新型コロナウイルスの影響を受けた生活となってしまいました。外出自粛、学校などの休校、「新しい生活様式」など、大きく生活が変化しましたね。なかでも子育て世代の生活は、具体的にどのように変わったのでしょうか。総合保育サービスを提供している株式会社 明日香が「コロナ禍の子育て実態調査」を目的に、保育園・幼稚園に通う子どもを持つ、会社勤めの保護者にアンケート調査を実施しました。

家庭で感染対策をしていますか?「している」は75%超え

新型コロナウイルスの脅威をどのようにとらえるか。家庭によってさまざまでしょう。どの年代の家族が何人いるかによっても、各家庭で行う感染対策は異なりそうです。「家庭で感染対策をしている」と回答したのは75.3%、感染対策をとることを「検討している」と回答したのは16.8%でした。

では具体的にどのような感染対策をとっているのか、みていきます。

『手洗い、うがいをし、人ごみを避ける、マスクをする(32歳)』
『手指のアルコール消毒(34歳)』
『小まめに手洗い、手拭き、週末も含めて人混みが多いところにあまり行かない(34歳)』
『保育園から帰ってきたらすぐお風呂に入って全身洗う(32歳)』
『毎日の消毒と除菌(40歳)』

いずれの方法も、家庭のなかで一人ひとりができる感染対策ですね。これらの感染対策をすることで、少なからず新型コロナウイルスに感染するリスクは下げられるのではないでしょうか。

万が一、家族が新型コロナウイルスに感染したら、どう対応する?

いくら感染予防の対策をとっていても、新型コロナウイルスに感染するリスクをゼロにすることは難しいでしょう。万が一、家族が新型コロナウイルスに感染したとき、どのような対策をするか「話し合っている」と回答したのは48.5%、約半数にのぼりました。対策を「検討中」と回答した人は22.8%。新型コロナウイルスに感染する事態を「他人事」と考えている人は少ない、といえそうです。

家族が感染したときを想定した、具体的な対策とは

ではパパやママが考える「家族が新型コロナウイルスに感染した場合」の対策とは、どのようなものなのでしょうか。

『別室隔離にすること、洗濯物も全部別洗いにすること(29歳)』
『除菌対策を徹底すること、検温すること(31歳)』
『親に預ける(57歳)』
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ