無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インナーカラーは何歳までOK?若作りと思われたくないけどおしゃれを楽しみたい!

ヘアスタイル

数年前からじわじわと若者の間で流行しはじめたヘアカラーのデザイン「インナーカラー」。髪の内側に外側と違う色を入れるインナーカラーは、若い人から大人の女性まで幅広く楽しめるカラーリングのおしゃれとして認知度が広がってきました。

誰かが素敵にインナーカラーを入れていると、「私もやってみたいな……」と思うママも多いのではないでしょうか?

『32歳でインナーカラーは痛い? 若作りだと思われる?』

「インナーカラーをやってはみたいけれど……」と、投稿者さんは思ったのでしょうか。このような疑問がママスタコミュニティに投稿されました。

流行りのおしゃれを取り入れるとき、なんとなく「若作りと思われないかな……」と不安になることってありますよね。でもせっかくなら一度は試してみたいと悩むお気持ちもよくわかります。

そこでママたちにインナーカラーについて聞いてみました!

おしゃれに年齢は関係なし!

『年齢ではなく見た目じゃない?』
『別に年齢の札を下げて歩いているわけじゃないし』
『似合っていれば年齢は関係ないよ!』

インナーカラーに限らず、TPOにあったスタイリングをしていたり、ご自身に似合ったスタイルをしていたりするのであれば、年齢はあまり関係ないのかもしれません。若い子たちの間では、奇抜なカラーリングでのインナーカラーも目立つので、「インナーカラー」=「若作り」という印象をもってしまったのかもしれませんね。

30代以上でもインナーカラーを楽しんでいます!

『私、去年36歳でグリーンのインナーカラーを入れていたよ。いいと思うけどな~』
『同じ32歳でインナーをユニコーンカラーにしていたよ~(笑)。好きなことをしたほうが絶対いいよ!』
『私は30歳でインナーカラーを入れているよ。痛いと思われてもいい』

さてみなさん、「ユニコーンカラーってどんな色?」と思いませんでしたか? 筆者は思いました(笑)。ユニコーンカラーとは、パステル系のふんわりとしたかわいい色を組み合わせ、虹のような艶やかに仕上げたカラーのことを指しているそうです。

そこまで派手にというわけにはいかないかもしれませんが、ママスタコミュニティにいたママたちは、30代以上でもインナーカラーを楽しんでいる人が多い印象を受けました。

30代以上でもインナーカラーを楽しむコツ

『色による。ピンクブラウンとか落ち着いた色ならいいけど』
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ