無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ローソン、アイスコーヒーMサイズも紙製カップに変更へ ストローも不要に

ローソンが、「MACHI café(マチカフェ)」で使用しているプラスチック製アイス用カップのMサイズを、紙製のカップに変更することを発表した。

グルメ

(joel-t/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

2日、大手コンビニチェーン・ローソンは、店内淹れたてコーヒー「MACHI cafe(マチカフェ)」にて使用しているプラスチック製アイスコーヒー用カップのMサイズを、マチカフェを展開している全国の店舗で、来春にかけて順次、紙製のカップに変更すると発表した。

ローソン

■アイスコーヒーMサイズも紙製のカップに

これまでにローソンでは、プラスチックゴミ削減に向けて2019年5月から順次、MACHI cafeのアイスコーヒー用カップのSサイズを紙製のカップに変更、さらに、ストロー不要のフタを採用してきた。

今回も同様にアイスコーヒーのMサイズは、紙製のカップになるとともに、ストロー不要のフタが採用される予定だ。同社によると、今回の取り組みにより「1杯当たりのプラスチック使用量は従来の容器の約2割となり、年間で約1,830トンのプラスチック削減につながります」とのこと。

関連記事:ローソン、話題の新商品「台湾茶」 時間とともに変化する味に驚いた

ローソン、話題の新商品「台湾茶」 時間とともに変化する味に驚いた

■ネット上では驚きの声も

アイスコーヒーのMサイズも紙製カップに変更されることを受けて、ツイッター上では、「Mサイズまで変わるのか!」「全然変わっちゃうな」など、ユーザーからの驚きの声が多数見られた。

中には「正直、紙製のカップ苦手なんだよね」「ストロー使いたいって思う場合が多い」といった声も寄せられており、いまだ紙製のカップや、ストロー不要のフタに馴染みがない人も少なからずいるようだ。

■ドリップコーヒーをよく飲む人は…

コンビニのドリップコーヒーを日頃から利用する人からすると、急なカップの仕様変更に驚く人も多いのでは。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代男女2,168名を対象に調査を実施したところ、全体の20.9%が「コンビニのドリップコーヒーをよく飲む」と回答している。

コーヒーカップの紙化に対し、「一周回って慣れてきた」といったユーザーからの声もチラホラ。「ストローで飲みたい」という場合には、繰り返し洗って使用することのできる「マイストロー」も様々な商品が登場しており、できることから環境問題について考え、取り組んでいくことが大切ではないだろうか。

(文/しらべぇ編集部・北田力也)

北田力也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代の男女2,168名(有効回答数)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ