無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ユニクロvs無印良品、軽量ダウンベストはどっちを買うべき? 比較してみると…

ユニクロと無印良品の「軽量ダウンベスト」はどちらを買うべき? 比較してみると…

ライフスタイル

この時期、何かと役立つダウンベスト。最近では街着に適した軽量型のポケッタブルタイプも販売されており、「何を買えばよいか迷う…」という人も少なくないはず。

そこで今回は、ユニクロの『ウルトラライトダウンコンパクトベスト』(税込4,389円)と無印良品の『軽量 ポケッタブルノーカラーダウンベスト』(税込2,990円)を比較したい。

『ウルトラライトダウンコンパクトベスト』(税込4,389円)
『軽量 ポケッタブルノーカラーダウンベスト』(税込2,990円)

なお、今回はメンズ商品を比較するが、レディースでも同様の商品が販売されているため、参考にしてほしい。

■値段やスペックは…

まず値段の違いを比較しよう。両者を比較すると1,000円以上の差があり、「値段だけ考えるなら無印良品」一択となる。ユニクロも期間限定やアプリ会員限定サービスで税抜2,990円になることがあるため、ユニクロ好きはこのタイミングを逃さないようにしたい。

そして、ダウンの膨らみをあらわす単位「フィルパワー」はユニクロが640、無印良品は750と無印良品に軍配が上がる。この単位が増えるほど「保温性に優れている」とのことなので、暖かさを考えるとこちらも無印良品のほうが良さそうだ。

ただ、コートなどの中に薄く着込んだり、都会での電車移動を考えたりすると、必ずしも暖かいから優れているというわけではない。

関連記事:紗栄子、ユニクロでは“メンズ商品”を選ぶ理由 「めっちゃ共感」

紗栄子、ユニクロでは“メンズ商品”を選ぶ理由 「めっちゃ共感」

■ファッション性は…

次に比較するのは、着たときの印象。身長168cm、体重61kgの男性記者がそれぞれMサイズを着るとこのような感じに。ユニクロのダウンはかなりすっきりとした見た目で、スタイリッシュなイメージ。一方の無印は、ユニクロと比較するとややモコモコと膨らんだ印象がある。

また、ユニクロは2WAY仕様。裏地に第1ボタンを留めて第2ボタンを外すと、コートのインナーなどに適したすっきりとしたVネックになるのが特長だ。

さらに、カラー展開にも注目したい。ユニクロは5色展開で、無印良品は3色展開とユニクロのほうが優勢。さらに、レディースだとユニクロは13色で、無印良品は7色とかなり差がある。

すっきりとしたデザイン、2WAY仕様、そしてカラー展開と、ファッション性はユニクロのほうがかなり優れているといえるだろう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ