無料の会員登録をすると
お気に入りができます

盛りすぎは逆に目が小さく見える!?ナチュラルなのに誰でも盛れるデカ目メイク

色をそこまで使わずナチュラルなアイメイクでも、コツを掴めばデカ目効果を出せます。今回は不器用さんでも、そしてどんな目の形(一重、奥二重、二重)でも実践しやすいメイクレシピをご紹介します。

メイク

使う色は、「締め色」「ぼかし色」「ハイライト」の3色があればOK

デカ目効果を出すために必要なのは「立体感」。立体感を出すことで目の奥行きを演出して、目の錯覚で大きく見せることが大切です。

では早速アイシャドウののせ方のポイントをご紹介します!

ポイント①ナチュラルに仕上げる為に「締め色」を最初に乗せる

締め色をいかにナチュラルにのせるかが大事ですが、失敗しても次にのせるぼかし色で調整が可能になるよう、締め色を最初にのせましょう。

ポイント②「締め色」で影を作ったら、「ぼかし色」でグラデーションにする

締め色との境界線をぼかすように、ぼかし色をのせます。締め色で濃く塗り過ぎた箇所があればぼかし色をのせてカモフラージュ。

ポイント③光が当たる部分に「ハイライト」でさらに光を出してより立体的に

眉毛の下の骨がある部分と目頭に光を入れて、立体感を出していきます。

目と目の間の距離が離れて見える「離れ目」さんは、特に目頭のハイライトは効果的です。

ポイント④目の下も同様にグラデーションを作る

目の下にもアイシャドウでグラデーションを作ることで、目の広がりが出てデカ目効果がアップします。

一重さんは締め色の範囲を広めに、奥二重・二重さんは締め色の範囲を狭めにが鉄則!

一重さんはまぶたの厚みに合わせて、締め色が目のラインから少し出る位まで締め色を広げます。

逆に、奥二重・二重さんは二重幅を殺してしまわない様、締め色の範囲は狭めにします。こうすることでぼんやりすることなく、そしてケバくなるのを防げます。

しっかり立体感を出したい時は「縦割りグラデーション」、よりナチュラルに見せたい時は「横割りグラデーション」

グラデーションをどの方向に作るのかによっても、見え方が変わります。

一重さんのようにまぶたの範囲が広く見えやすい場合は、しっかり立体感を出すためにも「縦割りグラデ」がオススメです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ