無料の会員登録をすると
お気に入りができます

福山雅治、名曲『桜坂』への本音ポロリ 「売れると思ってなかった」

福山雅治が「桜坂」の秘話語る。「カップリングの方がお気に入りだった」と明かすシーンが話題となっている。

エンタメ

14日に放送された『嵐にしやがれ』にミュージシャンの福山雅治が出演。2000年に発売された名曲・「桜坂」の秘話を明かした。

福山雅治

■「売れると思ってなかった」

「桜坂」が発売されたときに福山と嵐がMステで毎週のように共演していた記憶があると嵐の大野智が当時を振り返りつつ、「ぶっちゃけ『桜坂』が売れると思いました?」と問いかけた。

質問に対し、福山は「じつはあんまり売れると思っていなかった」と本音をポロリ。

関連記事:今田美桜、容姿の変化が話題に 自撮り風投稿に「別人すぎる」の声

今田美桜、容姿の変化が話題に 自撮り風投稿に「別人すぎる」の声

■プロデューサーの采配で

続けて、「カップリングで『DRIVE-IN THEATERでくちづけを』という曲があって、明るいデートソングで、桜坂は失恋ソング」と同じCDに入った2曲ついて説明。

「桜坂」が表題曲になった理由について、「タイアップとして2曲提出したときにプロデューサーが『桜坂』を選んだため、シングルカットになった」と意外な秘密を明かした。

■福山が好きなのはカップリング

表題曲に選ばれた事情を説明すると「もし『DRIVE-IN THEATERでくちづけを』が選ばれていたら、『桜坂』は埋もれていたかもしれない」とした。

福山的にはカップリングだった「DRIVE-IN THEATERでくちづけを」のほうがいいと感じていたようだ。

関連記事:グラドル・安藤咲桜、初DVD撮影で念願のグアムに歓喜 「贅沢ですよね」

グラドル・安藤咲桜、初DVD撮影で念願のグアムに歓喜 「贅沢ですよね」

■「そんな秘話が…」と驚き

「桜坂」の意外な秘密を明かした福山。視聴者からは「桜坂めっちゃ好きだからこう言われるのビックリ」「そんな秘話があったとは…」と驚き声もみられた。

表題曲とカップリングでは注目度が大きく違うのも事実。「桜坂」が未来日記のタイアップに選ばれていなければ、埋もれてしまったかもしれないことを考えると、プロデューサーに先見の明があったのだろう。

(文/しらべぇ編集部・Aomi)

Aomi
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ