無料の会員登録をすると
お気に入りができます

同じ色でも全然違う!定番「黒トップス」の見え方をネック別に検証してみた!

こんにちは。朝起きてまだ外が暗いとテンションが上がらないkoです。わたしはブラックのリブニットが大好きでよく着ています。収集癖があるので、Vネック、ハイネック、タートルネックの3枚を揃え、気分によって使い分けています。いつもお互いの特徴など特に気にしていなかったよく似た御三方。ほんとは全然違うのでは?と疑問に思い、今回はネック別に見え方の比較をしてみました。また、ネック別に合うアウターはどれかも合わせて検証してみましたのでご紹介します。

ファッション

今回比較するのはこの御三方

ネックのタイプが違うどれも同じブラックのリブニットセーターです。

※モデル身長:160cm

左から、Vネック(reca)、ハイネック(GU)、タートルネック(ユニクロ)を着ています。

ではさっそくそれぞれの長所、短所を比較していきましょう。

Vネック

Vネックは肌の見える部分がその名の通りVの形に広いので縦にすっと見え首が長く見えるように感じます。

着脱の際にファンデーションが付きにくく着やすいです。しかし気温の低い日はかなり寒いのでマフラー必須。

真冬より秋口か春先がオススメのアイテムです!

ハイネック

ハイネックは首が見えるのでタートルネックより首が詰まった感じが抑えられます。

また、タートルネックは窮屈で苦手…という方もハイネックならチャレンジできるのではないでしょうか?

私はハイネックを1番愛用しています。

タートルネック

間違いなく1番暖かいです。落ち着いた、大人な印象を与えるように思います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ