無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[教えて!グッドルーム]一人暮らしでも「広い部屋に住む」メリットって?デメリットもあるの?

インテリア

「長く、安心して暮らせるいいお部屋」を探している方におすすめしたいのが、UR賃貸住宅のお部屋です。みんなが抱えているお部屋の悩み、実はUR賃貸住宅なら解決できるかもしれません。今回は、家にいる時間が増えてちょっと手狭だな、と感じている方に。一人暮らしでも1LDKや2LDKなど、広い部屋に引越すメリットやデメリット、ネックとなる家賃を安くおさえる方法などをまとめます。

広い部屋に引越すメリットって?

メリット1:家具が配置しやすい

20〜25㎡の一般的なワンルーム、1Kのお部屋では、ベッドとデスク、ベッドとソファなどを置くといっぱいに。部屋のサイズや間取りに合わせて、必要なものを厳選しなくてはいけません。また、お店で見て気に入って買った家具も、「部屋のサイズに合わなくて窮屈になってしまった」「動線が悪くなってしまった」などの失敗も多くなります。1LDK以上のお部屋なら、ベッドルームにはベッドだけ、リビング・ダイニングにダイニングテーブルとソファ、両方を置くことができます。また、配置に余裕もできるので、気分転換に模様替えをして楽しむことも可能です。一人暮らしでも、インテリアにこだわりがある方は、1LDK以上の余裕のあるお部屋を選ぶと、置くことのできる家具の選択肢が格段に広がり、楽しくなりますよ。

団地ライクな3DKのお部屋に北欧の家具を組み合わせて、レトロモダンなインテリアを楽しんでいらっしゃる一人暮らしのお部屋。(photo:@ko_int)

@ko_int

メリット2:「仕事スペース」や「就寝スペース」をしっかり区切って、オンオフの切り替えができる

ワンルームや1Kでは、寝るとき、食べるとき、仕事をするときと、ずっと同じ空間で過ごすことになります。特に、在宅ワークでオンオフの切り替えをするのが難しいという声をよく聞きます。2部屋以上ある間取りなら、1部屋は仕事部屋として完全に仕切ることができ、気持ちの切り替えをしやすくなります。また、夜なかなか寝つきにくいという方も、ベッドルームをしっかりと生活スペースから分けることで、余計なものが目に入らないようにしたり、決まった匂いのものを置く、落ち着いたカラーに整えるなど、しっかりと睡眠をとるための工夫をしやすいです。

ご自宅でお仕事をするため、仕事部屋をしっかりと分けたお部屋(photo:@iknn.iknn)

@iknn.iknn

ベッド周りにはなるべくものを置かず、シンプルに整えたお部屋(photo:@jam_154)

@jam_154

在宅ワークを考えているならこの記事も参考に:在宅ワークなら「UR賃貸住宅がおすすめ」って、どんな理由?

在宅ワークなら「UR賃貸住宅がおすすめ」って、どんな理由?

メリット3:収納が増え、すっきりとした部屋づくりができる

広さに余裕のあるお部屋では、クローゼットや押入れ、それにキッチンの吊り戸棚などの収納スペースも、それに合わせて大きくつくられていることが多いです。生活感を感じるアイテムは収納の中に全て隠して、すっきりとした部屋に整えることができます。

メリット4:家族や友人を呼びやすい

広い部屋なら、家族や友人が来たときにゆったりくつろいでもらうことができます。泊まってもらうときも、1人はベッドルームに、1人はリビングに、など空間を確保できるため、お互いに気疲れすることなく、気兼ねなく過ごしてもらえます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ