無料の会員登録をすると
お気に入りができます

誰でも美人になるテク満載♡アイメイクのお悩みはCecilさんにお任せ!

メイク

<奥二重さん>
Cを目尻に濃く、二重幅から少しはみ出して塗る。キラキラを目尻と黒目下にのせて左右に指で散りばめる。

<一重さん>
ブラウン系は薄く目のキワに入れ、目を開きながら色が少し見えるまでのせる。キラキラは腫れぼったく見えないよう、上まぶたは幅狭めに、下まぶたは全体に入れる。

3. 愛され顔を作るピンクメイク

愛されメイクには欠かせないピンクですが、その一方で目元が腫れぼったくなってしまうから苦手と感じている方も多いのでは?こちらでは、腫れぼったくならないピンクアイシャドウの使い方も紹介されています。

<二重さん>
全体にのせてOK。二重の部分は濃くする。

<奥二重さん>
二重の部分から目頭に向けてのせる。二重の部分からチラッと見える程度が良い。

<一重さん>
目尻から目頭に向けて細くのせたら、目を開いて目尻のみにポンポンと広めに入れる。

4. アイラインの引き方

使い方によって印象が大きく変わるアイライナーですが、目のタイプに合わせて引き方を変えればよりアイメイクが効果的に。

<二重さん>
目のフレームに沿って全体に引く。目力があるので、細めで良い。

<奥二重さん>
目頭は引かずに二重開始の部分から細めに引く。目頭側を残すことで、目頭が黒くならない。

<一重さん>
目のフレームに沿って全体に長めに引く。締め色を目を開けた時に見える幅まで塗った後からアイライナーを入れると自然に見える。

コンプレックス解消!メイクお悩みQ&A

お悩み①:左右で違う目の大きさを合わせたい

左右で目の大きさが異なるというのは、多くの人が持つコンプレックス。でも実はメイクで見せ方を変えれば、左右対称に見せることも可能なのです。

<基本>
目の大きい方に合わせてメイクする。

<一重と二重の場合>
片方が一重の場合、アイホールに入れる明るい色は広めに眉下まで入れる。

締め色は目尻に濃く、目頭側は薄く、とグラデーションにして一重の場合は、二重の線があるように見せる。

記事に関するお問い合わせ