無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2020年12月金運占い]200年に一度の時代の転換点!? 今月すべき「金運アップ行動」とは

年の瀬が迫る12月ともなれば、臨時収入も臨時出費も多くなりやすく、いつもとは違う金銭感覚で過ごすことになる人も少なくないでしょう。このお金カレンダーは、東洋の干支占いや日本の暦注、西洋占星術など、様々な占いの要素をまとめ上げた、いわば金運の総合案内です。年末年始のお買い物計画などの参考に、ぜひご活用ください。

占い

月初は金運がふらつきやすい

寅の日から始まる12月ですが、星の動きにやや不安定なところがあり、月初は金運が安定しにくい傾向にあります。特に、4日の金曜日は、余計な買い物をして散在してしまう恐れも高くなります。

年末のお買い物など、比較的大きな買い物をするのは、中旬まで待った方が良さそうです。

5日からは下弦の月を挟んで少し安定

金運の不安定のピークである4日を過ぎると、金運は一時的に安定します。この時期は、不意の出費などは比較的起こりにくい時期ですし、余計な欲望も比較的生じにくいタイミングといえます。

年末を楽しく過ごすために出費を控えるなら、9日までの間が我慢のしどころかもしれません。小さな節約の努力を積み重ねることで、年末をより豪華にするための予算が捻出できるでしょう。

10日からは怒濤の買い物日和

一粒万倍日でもある10日の木曜日は、天体の動きも良く、買ったものが値段以上の効果を発揮してくれる日です。年末の買い物に向けて第一弾のお買い物日和といえるでしょう。お正月やクリスマスを楽しむエンタメグッズの購入には、このタイミングが最善です。

また、誰かにプレゼントを購入する場合、特にネットでの購入であれば、この日が最高の吉日といえるでしょう。

翌日の11日も、買い物に向いている日。特に、食品の購入が良いです。もしおせちやオードブルの予約が済んでいなければ、この日にしても良いでしょう。

平日のお買い物が難しい人には、13日の日曜日が買い物日和の予備日となります。上記の2日と比べると、少しだけ効力は弱まりますが、両方の吉日の効果を併せ持った一日になりそうです。

新月は余計な物欲が全開に

15日に迎える射手座の新月は、人の物欲を解放し、余計な買い物に人々を誘惑する魔力がありそうです。

この新月の当日と翌日は、衝動買いを控えて少し慎重になりましょう。特にお出かけ先でちょっとした贅沢を自分に許してしまいがちです。

年末にお休みをとることができる職業に就いている方は、このタイミングでの余計な贅沢は控えて、自分を律する心を持つことが大切。ただし、接客業に就いている方などで、この日が休日であるならば話は異なります。

その場合は逆に、十分な鋭気を養うことが必要になる新月です。たっぷり自分を甘やかしましょう。

年末に向けた最後の種まき日は?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ