無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コロナ禍で“年賀状じまい”が加速中! 書き方のコツは?

コロナ禍で“年賀状じまい”が加速中! 書き方のコツは?

ライフスタイル

コロナ禍の今年は、「年賀状費用の節約」や「コロナ観による人間関係の整理」などの理由から、“年賀状じまい”の流れが加速しているそうです。

そこで、fumumu取材班が、“年賀状じまい”の書き方のコツについて、専門家に詳しい話を聞きました。

①理由を明確に記載する

「『年賀状じまい=絶縁』ではありません。相手に誤解されないように、“年賀状じまい”の理由は明確に記載しましょう。一部の終活世代では“年賀状じまい”が一般化されつつありますが、世間的には、まだまだ知らない人も多いので。
角が立ちにくい理由として、『年賀状費用の節約』が個人的にはお勧めです。コロナ禍の今年は収入が激減している人も多く、周囲からの理解も得られやすいでしょう」

関連記事:年賀状を送ったら「写真テロ」と大ブーイング そのワケは…

②今後の代替え案を提示する

「SNSやメールなどの代替え案を提示することで、“年賀状じまい”の安心感が増します。『年賀状は終わりにするけれど、これからも良い関係は続けたい』という意思表示にもなりますよね。
個人的には、年賀状にSNSなどのQRコードを記載することをお勧めしています。ポイントは、年賀状を読んだ後、その場で連絡先を更新してもらえる可能性を高めること。こうすることで、関係性が途切れるリスクを減らすことができるでしょう」

③今までのお礼を伝える

「“年賀状じまい”をする際には、今までの年賀状のやりとりに対して、きちんとお礼を伝えましょう。
『年賀状をフェードアウトするよりも、“年賀状じまい”の方が誠意が伝わる』と考える人がいる一方で、『年明け早々、“年賀状じまい”なんて縁起が悪い』と受け取る人もいます。
読み手の気持ちを考えながら、適切な言葉を選びましょう」

すでに年賀状を書いていないという人も多いと思いますが、仕事などの付き合いで仕方なく年賀状を書いていた…という人もいますよね。

年賀状を面倒に思っていた人にとって、コロナ禍は「年賀状じまい」の絶好のタイミングかもしれません。

(文/fumumu編集部・志都)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ