無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なりたいのは年相応♡「老け見えも若作り見えもしない垢抜けメイク」のポイント

メイク

元美容部員のコスメコンシェルジュIkueです。突然ですが、メイクを年齢に合わせて変えていますか?「このメイク、最近自分に合っていないのでは…?」と思ったらメイクを変えましょう。今回はアラサー女子に向けて、老け見えも若作り見えもしない垢抜けメイクのポイントをご紹介します。

今っぽさ&大人の女性の魅力を演出してくれるのはふんわり・アーチ型の眉です。アイブロウパウダーを一緒に使い、重たい眉にならないようにふんわり仕上げます。

また、眉の長さが短くなってしまうと子供っぽく見えてしまいます。眉の長さにも注意しながら描いてみましょう!

30代を超えたらツヤ肌がポイント

年齢を重ねると、シワやシミが気になると感じる人は多いと思います。シワやシミだけでなく、実はハリがなくなることで肌のツヤも年々なくなっています。

年齢を重ねるごとに、ハリ感とみずみずしい肌に見せてくれるツヤをしっかり作ることは、ベースメイクの中でもとても重要になってきます。

ツヤのないマット肌は陶器のようでキレイなのですが、厚化粧に見えてしまったりより老け見えの印象になることも。

30歳を超えたらツヤがある肌のほうが、潤いに満ちたハリのある美しい肌に見えます。もしマットにしたければセミマットくらいでおさえておくと良いです。

ツヤを入れる位置は顔の中でも高い部分・頬の三角ゾーンです。

三角ゾーンはハイライトを入れることで肌がキレイに見えるとも言われているのでぜひ入れてほしいポイントです!

老け見えせず、若作りにも見えないメイクポイントをご紹介しました。

年齢とともに服を変えるように、メイクも自分の年齢に合わせて変えていきましょう!今の自分らしいメイクになった時が1番輝ける顔。

明日からでも簡単に取り入れられるテクニックばかりなので、ぜひ明日のメイクから取り入れてみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ