無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なりたいのは年相応♡「老け見えも若作り見えもしない垢抜けメイク」のポイント

元美容部員のコスメコンシェルジュIkueです。突然ですが、メイクを年齢に合わせて変えていますか?「このメイク、最近自分に合っていないのでは…?」と思ったらメイクを変えましょう。今回はアラサー女子に向けて、老け見えも若作り見えもしない垢抜けメイクのポイントをご紹介します。

メイク

囲みアイラインは卒業!ナチュラルアイラインのアイメイク

目を大きく見せたいからアイラインは昔から上下囲んでいるの!という方はいませんか?実はそれ、若作り見えメイクになっているかも。

2000年代に流行った「がっつりアイライン」は今ではもう古臭い印象しか与えません。

さらに、囲みアイラインをするときつい印象を受けます。ナチュラルな目元を作り優しい印象・年齢にあったメイクへチェンジしましょう。

囲みアイラインの他に、太めアイラインで目尻を跳ね上げるのも若作りに見えてしまいます。目尻を長く描くのであれば、自然に流れるようにアイラインを引いてみましょう。

写真のように、まつ毛とまつ毛を埋めるようにアイラインを引いていくと自然に見えます。

ふんわり眉で今っぽ印象アップ

眉にもトレンドがあり、最近はあまり角度のない平行・アーチ型眉が主流です。

眉色も髪色に合わせ、ふんわりしているのがポイント。眉の形だけでも顔の印象が変わってしまうのでとても大事なポイントになります!

いろんな形がありますが、細眉・上がり眉は古臭く見えてしまいがち。メイクするときは避けたほうが無難な眉です。

昔流行った細眉は時代遅れ感が出てしまいます。

細めが好きな方は、目幅3分の1くらいを目安にしましょう。

角度のある眉はクールでかっこいいですよね。あまり角度をつけすぎるとちょっとキツく見えているかも…。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ